2022年01月08日

ホームページの失敗


つづき・・・です。


HPである程度っていうか、もうほぼその気になってもらっておいて

対面相談した時には、ニッコリ笑って、受任!

これが一番効率がいいわけです。


ポイントは、その気になってもらうHPってことです。


HPで集客っていうと、

問合せフォームが肝ですが・・・

HPを最初に作ったときの失敗。

相談者の情報をあれこれ聞いておいた方がいいかなって

問合せファームの項目をめちゃくちゃ多くしていた。



ところが・・・

これが失敗。問合せが一気になくなってしまいましたぞ。



つまり、仮に自分だったら、こんなに沢山の項目に入力しますかってこと?

だから、その反省をもとに

項目を最低限にしたところ、これまた一気に復活!!良かった。



問合せフォームは最低限の項目でいいんです。

これだけで、冷やかしか?金額の比較だけか?本気度がわかりますから。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・酒類販売業・産廃業) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまの困り事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com











  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 02:02Comments(0)ブログ

2022年01月06日

ホームぺージがない士業は信じられない


ホームページは、24時間働いてくれる営業マンです。

うちは、集客の8~9割がホームページからのお客さまです。



それを持っていない士業がいますが、信じられません。

余程、紹介してくれる人脈が多いのか?

あまり仕事をしたくないのか?

行政書士が趣味なのか?しらんけど



開業してすぐにバンバン稼ぐ人がいるらしいけど、

たいていは、そんなことはありません。

その時間があるときに、ホームページを作るのです!



ただし、webの業者に頼んではいけません。

以前より相場は下がっていますが、

業者は、士業の顧客を知りません。士業の集客方法を知りません。

高いお金で、きれいなサイトを作ってくれますがそれだけです。

集客はできません。



集客しなくていいなら、業者に高いお金を払ってきれいなサイトを作りましょう。

最初に言ったように、ホームページは24時間集客してくれる営業マンです。



手作りでいいんです。そのほうが、人間性が出て興味を持ってもらえます。

一生懸命さが伝わります。人は、そんなホームページに惹かれるものです。



コツコツとホームページを作りましょうね。開業当初は恐ろしく暇なんだし・・・

何もしなければお客はあなたの存在すら気づきもしないのですから。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・酒類販売業・産廃業) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまの困り事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com







  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 23:51Comments(0)ブログ

2022年01月06日

知識か実務か営業か


少し考えがあって

行政書士を目指す人、行政書士登録をしたばっかりの人、

行政書士を始めたけど思うように仕事がいっていない人。


そんな方たちに、少ない経験ながらのヒントを書いていこうかな、今年は。


Q 行政書士は食えるか?

A 行政書士は食えます。


それには、

士業全般に言えることだけど、行政書士は究極のサービス業だと認識すること。

先生と呼ばれても、勘違いしないこと。

士農工商の商人であります。


営業力を身に着ける・・・というと

よくしゃべるイメージがあるかもしれませんが、

「しゃべらない」営業を心がけましょう。

昨日今日知った知識を必死で話してはいけません。


なぜなら、その知識は、すでにお客さんは知っているかもしれないから。

では、どうするか?


こう聞けばいいんです。

「お知りになりたいことは何ですか?」


それに答えることが一番信頼を一瞬で得て、

あなたに任せると言われます。





↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・酒類販売業・産廃業) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまの困り事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com







  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 01:57Comments(0)ブログ

2022年01月05日

新年おめでとうございます


新年明けましておめでとうございます!

今年もどうぞ宜しくお願いします。


令和4年、2022年、寅年・・・

年がかわると、見積書、請求書の最初の年月日を

間違えちゃうんですよね、なぜか。


令和4年、2022年、寅年


皆さんは、今年の目標を立てたでしょうか?

事業目標は当然ながら、私的な目標も大事ですよね。

何のために仕事をするのか?

自分や家族の健康、安寧も目標?にしないとな、って思います。



ワークライフバランスって10年以上も前から言われているワードだけど

これって、今更ながら大切だと思います。

(この10年間はそんなこと、言っていられない状態だったけどね)


<ワークライフバランスとは>

ワークライフバランスとは「働くすべての方々が、仕事と育児や介護、趣味や学習、

休養、地域活動の両方を充実させる働き方・生き方」のことを言う。

仕事が順調であれば私生活でも心のゆとりを持つことができますし、

私生活が充実することで仕事のパフォーマンスも上がるという好循環を目指すものです。


でも・・・また今年も猛烈に働いてしまう嫌な予感はするけど(´;ω;`)


では、今年も宜しくお願いします。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・酒類販売業・産廃業) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまの困り事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com






  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 00:20Comments(0)ブログ

2021年12月27日

今年も1年お世話になりました

今年もあと数日。

皆さんにとって2021年(令和3年)はどんな年でしたか?


数日で翌月になるだけなのに、

なぜか年末になると、いろいろ考えますよね~


今年は、昨年より、面白い仕事をいくつもさせていただきました。

今までと違う分野での業務は、初めから勉強しないといけないし

対応する役所も違うので、戸惑うこともありましたが

なんとかかんとか。。。こなすことができました。


大きな金額の業務や継続的な顧問契約もあり~の

盛りだくさんでした。


仕事を任され、役所と折衝し、書類作成をし、申請するという

流れには問題ないでしょうが、

来年は、事務方、処理能力のところを改善していきたいと思うところで

あります(笑) ありがたいことに処理が溜まってしまうので・・・(´;ω;`)



それと、法人化も考えているのですわ。

法人化して、支店を出して・・・夢は尽きません。


なにわともあれ、今年1年大変お世話になりました。

また、来年もご贔屓のほど、宜しくお願いします。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・酒類販売業・産廃業) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまの困り事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com







  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 00:08Comments(0)ブログ