2017年09月18日

遺言書の書き方


相続させる土地の表記はどう書くの?

このような質問よくあります。



土地が存在する場所は、「所在地」といいます。

住居表示と土地の所在地とは、表示が一致していない場合があります。


たとえば、同じ土地について、住居表示は◯◯市◯◯町3丁目6番35号、

所在地が◯◯市◯◯町3丁目1234番地というような例があります。



相続人間のトラブルを回避し、正確を期するためには、法務局で全部事項証明書を入手し、

「所在」として記載されている場所を、遺言書に正確に記載しましょう。


簡単に言うと、土地権利書と同じに、

所在、地番 、地目 、地積を記載します。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 







  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)遺言・相続