2018年04月22日

倉庫業にもスマートグラスが・・・

スマートグラスは産業向けを中心に、ものすごいスピードで実用化が進んでいるんですね。







例えば、物流分野の倉庫でも

スマートグラスのディスプレイに、探している荷物の位置情報や作業手順などを映し出し、

作業員はその指示に従って荷物をピックアップするというように。

スマートグラスのカメラがスキャナーの役割も果たすので、

伝票に記入するといった手間もいらない。

しかも両手が自由に使えるので、25%~30%も作業効率が上がるそうな。



人手不足をウエアラブルを使って解消していく・・・

もはやSFの世界だけと思っていたものは、どんどん実現していくのですね。



役所への申請も電子申請が徐々に増えてきてはいますが、

まだまだ紙ベースでの処理が主流。



一気に変わるとは思えませんが、もしかしたら・・・なんてね。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム










  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 19:06Comments(0)ブログ

2018年04月22日

企業の改革は難しいものですが・・・

ある企業の「改革」?そんなにおおげさなものではないけど?

に少し関わっているんですが・・・



どうも、疑問が?

上層部だけで決定して、トップダウンしている。

トップダウンがダメというわけではないが、

その上層部も、現場に常時いて、現場の状況を目で、身体で感じているなら

まだしも、ほとんど、顔も出さずに、机上で決定している。



現場の声はもちろん、顧客の声も聞かず、

自分たちだけの考えで、誤った判断をしているように思う。



きっと、失敗します。

でも、失敗と気が付かず・・・うまくいかなかった時は、責任も取らず

きっと誰かのせいにするのでしょうね。

残念なことですが。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム









  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 09:40Comments(0)ブログ

2018年04月20日

他人は自分のことをどのように紹介してくれるのか?

士業では、紹介をいただいて、仕事をさせてもらうことが多いものです。

紹介者が信頼されるいるからこそ、依頼されることを前提に話が進みます。


報酬額も非常識に高くなければ、すんなりお支払い頂けます。

もちろん、

紹介者の顔を潰すわけにはいかないので、きっちり仕事もします。




ところが、紹介者から「これこれの仕事はいくらくらいかかるの?」って

聞かれるような紹介は・・・・残念ながら・・・薄い・・・というか

「報酬額」だけで流れてしまうこともありますよね。


う~~~ん?

紹介者は、自分のことをどのように紹介してくれたんだろう?って

考えてしまうことがあります。



こういうことをやってくれる行政書士を知らない?

ああ、知ってますよ。

いくらくらいでやってくれるのかな~?

ほな、一回聞いてみましょうか?


というような会話のやりとりが想像できます。



紹介者に「自分をこのように紹介して欲しい」と

コントロールできるようにすることも今のテーマのような気がします。

ちゃんちゃん。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム











  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 14:46Comments(0)ブログ

2018年04月19日

報酬額の決め方は?

行政書士の報酬額の決め方って難しいですよね~

特に、新人行政書士さんは悩むんじゃないでしょうか。



取り組みたい業務があったとしても、実際はまだ未経験だとしたら

どれだけの労力がかかるかもわからないし・・・



新入会の際、日本行政書士会連合会の「報酬額の統計」表をもらうので

平均値でいくのか、最頻値でいくのか、考えるところです。

ボクのときは、会長曰く、平均を少し上回るくらいで設定したら良いとか・・・

言われていましたが。



最近は、同業の先生のホームページを拝見して参考にはさせて頂いています。

ただ、ケースバイケースで大変な業務もあるので、「ウン万円~」の~が重要。



よく見受けられるのが、金額を安く見せて依頼者を引き込もうっていう先生も

いますが~う~ん、ダンピングを助長して、業界全体が安っちく見える気が

します。なぜ、安くしているのか。その理由を納得いくように付けないと思いますわ。



一番大切なことは、

依頼者が、業務を頼んだことで、頼まなかったときよりどれだけメリットを享受できるか。

そのメリット相当の金額から報酬額を決めれば、そう安くする意味はナイと

今は思っていますけどね~




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム







  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 18:59Comments(0)ブログ

2018年04月19日

事業承継を啓蒙する作戦?

あるニッチな業界の月刊誌の特集で

「事業承継」を扱うので、知恵を貸してほしいということで1時間半ほど編集者と打合せ。



中小企業のどの業界も後継者問題や事業を存続させていく問題は共通ですね。

職人肌の代表が多いニッチな業界では特に「事業承継」の問題は深刻です。



でも、なかなか手をつけることもできずに、後回しにしてしまっていることも事実です。


事業承継の対策は、早ければ早いほど良いと言われています。

そんな課題を、わかりやすく啓蒙していくというテーマ特集に協力します。



完成したら、ご披露しますね。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム









  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 14:12Comments(0)ブログ