2017年07月17日

連休・・・あらためて自己紹介?


世間は、3連休なんですが・・・

個人事業主、起業家には曜日や連休は関係ないですね!


「土日はしっかり休んで、また平日に備える」

という一般大衆とは残念ながら違います。


仕事とプライベートの境がわからないくらい仕事に熱中?しています笑。


世間の休みには、外へ出なくていいので、サイトのメンテナンスや

デスクワーク、今後の仕込みができるわけです。




今日は、あらためて、自己紹介をしたりして・・・


❏保有資格

行政書士

宅地建物取引士

ファイナンシャルプランニング技能士

企業年金総合プランナー(DCプランナー)

証券外務員

幅広く柔軟な対応ができるよう、日々勉強しております笑~



❏ザクッとフロフィール


・愛知県豊川市生まれ、県立国府高校卒業(3年の夏、野球部が甲子園出場しました)

・学習院大学法学部卒業(皇太子とご学友ではありません)

・バブリーなデパート外商マンでしたが、仕事をやりすぎて最年少営業部長に

・石川県金沢へ転勤後、地縁なしを逆手に損保代理店独立開業

・毎週飲み会敢行の資格スクール黒字化請負校長と呼ばれる~笑

・そして、日々感謝!皆さんのお役に立ちたい気さくな行政書士事務所を開業



❏趣味その他

・映画館でいい作品を觀て感動して泣くこと

・コルトレーンが好きなジャズファン

・いまや趣味以下の剣道三段

⇒こんなブログもやってます「強く正しく美しく 剣道上達革命」

・家には元気な妻が1人



これからも宜しくお願いします!


↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村







  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00Comments(0)ブログ

2017年07月10日

母校の公開講演

7月8日、帝国ホテル大阪にて学習院の公開講演がありました。

講演者は、岩田公雄氏と都倉俊一氏。どちらもボクの先輩であります。





関西での公開講演は何十年ぶりの開催のようですが、

800名以上のゲスト参加をいただき大盛況でした。








お揃いの学校のネクタイをして、

運営スタップの一員としてお手伝いをしましたが、

いつの間にか上から数えたら早いくらいのメンバーになってしまいました。



ボクが生まれた頃に卒業されたお元気なOBの方から平成卒業の若い後輩まで

交えた懇親会も楽しいものでした。



同窓というものは、やはりいいものですね。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00Comments(0)ブログ

2017年07月09日

あなた、ペット信託って知ってる?

ペット信託への関心が高まっています。

その理由は、飼い主とペットちゃん双方の高齢化が背景にあります。







ペット信託は、飼い主が生きている間に、可愛い大切なペットの

将来必要な費用を相続財産から分離しておきたいために活用されます。



ペット信託は、日本司法書士会連合会の河合保弘理事が考案し、

2013年に商標登録されました。




ペット信託は、ペットに世話に受託者に対して、強制力と監視力を

つけることができるという特徴があります。

信託管理人を設定し、飼い主の死後も信託契約に添って

ペットを飼っているか見守り管理をします。




ペット信託には、

「自分で会社を設立する」(ペットに残す財産を管理する管理会社)、

「ペット信託専門業者に依頼する」(NPO法人等)などの方法があります。



今後、健康問題や高齢のためにペットを飼い続けられないなどの問題に

益々ペット信託の需要は拡大していくでしょうね。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村







  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00Comments(0)ブログ

2017年06月21日

行政書士の弱みは強みに換えられる

行政書士法1条の2及び1条の3に行政書士の業務が

定められているんですが、

「他の法律において制限されているものについては」業務の対象外と

されています。








業務によっては、行政書士のみで完結しない業務があります。

そこが業務の限界点で、行政書士の弱みといえます。



例えば、会社設立時に定款作成、認証手続はできますが、

会社の設立登記は司法書士に引き継ぐとか・・・

会社設立後の税務申告は税理士に引き継ぐことになります。



また、契約書作成などは行政書士業務ですが、その契約について

紛争が生じたら弁護士に頼むしかありません。



このように、行政書士は、案件のスタートには関与できても

単独で案件の全てを担当しきることができないケースが沢山あります。



でも、

考えようによっては、強みに転換させることができます。


例の契約書作成の場合、そもそも契約書を作るクライアントが紛争を

望んでいるわけはないし、むしろ紛争を起こさないために契約書を

作りますよね。



行政書士が契約書作成に関与したら、弁護士の業務にならないように

契約書作りをします。

他の士業に引き継がなければならないからこそ、引き継いでも

問題にならないレベルのスペシャリティを持っているということです。



だから、行政書士の弱みは強みと考えることはできませんか?



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


★行政書士の業務>>






  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00Comments(0)ブログ

2017年06月16日

飲食店開業まではやることがいっぱい

飲食店に限ったことではないですが、

これから事業を立ち上げようとしたら、準備をしっかりと

考えるのは当たり前ですよね。



でも、実際にやってみるまで気が付かなかったということもあります。







たとえば、飲食店の開業準備を考えてみてください。

物件選びから内装デザインの決定や工事業者の選定、

仕入れの手配や従業員集め、許認可関連、集客準備などなど

OPENまでにやらなければいけないことは山積みです。



また、あなたが融資などを当てにしなくても大丈夫なら、

これらの準備作業のスケジュールの順序はそれほど問題はありません。



しかし、融資を利用して開業したいと思っているなら、

スケジュール、段取りは非常に重要になってきます。



最近は法人設立は比較的簡単にできるようになっていますが、

もし、あなたが法人を作って融資を受けようと気軽に考えているとしたら

失敗してはいけないポイントがあります。



その1つは、「融資対象外業種」があるということ。

また、多くに人が勘違いするのですが、全ての経費を融資で賄うことは

できません。

融資の申し込み前に使った経費は融資の対象に出来ないということ。




開業と融資手続きは密接に関係していますから、

事業に取り掛かる前にはこれらを十分考えたスケジュール作成が

大切ですね。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


創業融資について>>







  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00Comments(0)ブログ