2018年06月24日

「産廃業」の文言が定款の目的に必要か?

産廃収集運搬業許可を申請する場合、定款の目的に「産廃業」の文言が必要か?

答えは、自治体によって異なります。

ですから、事前に確認する必要があります。



⑴ 目的に産廃業の記載は不要なケース

この場合、会社の定款の目的は、産廃業の許可取得において一切問題にならないということです。



⑵ 目的に産廃業は必要だが、「上記各号に附帯関連する一切の業」を広く解釈するケース


会社の定款の目的の一番最後には大抵、「上記各号に附帯する一切の業」というような条項が入ります。


建設業に伴い発生する産廃、運送業に伴い発生する産廃・・・・など、

これらの産廃の運搬については、上記各号(建設業等)の附帯関連事業として、

目的の範囲であると考えることになります。

本業と附帯関連する事業という2つの文言があれば、目的に産廃業は不要です。



⑶目的に産廃業は必要で、附帯関連業の記載では目的に産廃業が入っていると認めないが、

目的に産廃業を入れるようにとの行政指導のみで許可が出るケース


申請時、あるいは許可時に窓口で、

「産廃業の文言を入れる目的変更をしておいてください」

とは行政指導を受けるものの、そのまま許可証が発行される自治体もあります。



⑷目的に産廃業の記載がなされるまで申請を受け付けない、或いは申請を受け付けても許可証の発行はしないケース


目的に対して申請先の自治体が最も厳格な姿勢をとるのが、このケースです。

事前に、または申請後すぐに、産廃業を追加する目的変更が必要になります。



定款の目的については、事前の確認が必要ですね~~


産廃業許可申請.com 大阪>>>





↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">
















  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 15:07Comments(0)ブログ

2018年06月23日

和のゴスペルをご存知ですか?

ひょんなことから、ゴスペルシンガー「Taeko Glory」さんと知り合いました。



もともと黒人の魂の歌ゴスペルを東北大震災をきっかけに

日本の良さ「和」を融合させて、全国の日本人に元気になってもらいたい・・・

そんな気持ちから、「和ゴスペル」の活動をされています。


和太鼓とゴスペル、日本の祭りとゴスペル・・・などなど

楽しそうじゃないですか?


和ゴスネイション>>>


詳細はまたの機会に・・・・お楽しみに。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">













  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 14:21Comments(0)ブログ

2018年06月22日

酒類販売業免許申請の納税証明書

許認可申請には、付き物の「納税証明書」。


国税だったり、府税だったり、「納税証明書」を代理で取得するケースも

多いんですが・・・・


酒類販売業免許申請の納税証明書は少しパターンが違います。


府税事務所長あてに「納税証明書」を請求するのですが、

1.府税及び附帯徴収金について未納の徴収金の額がありません。

2.証明日以前2年以内において府税について滞納処分を受けたことがありません。


という、証明が必要なんです。


これは、事業年度に関係なく、証明日現在で滞納がないことと、

証明日以前2年以内は府税の滞納処分を受けたことがない証明で、

文言のみで金額等の記載はありません。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">
















  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 16:22Comments(0)ブログ

2018年06月21日

定型化できるものは定型化する

直電の相談は、様々なケースがあるので、

あまりに定型化することは難しい~



ただ、心がけていることは、

できるだけ、フレンドリー(ちょっとニュアンスが違うかもしれませんが)に

会話するようにしています。



あ~、この人って、親身になってくれそう~って感じですかね。

電話ですから、許可の条件とか話をしても・・・うまく伝わらないし、

今、それを求められていないとも思います。


いい感じの人・・・ちゃんと会って相談したい・・・と

思ってもらうことを第一に考えます。




かたや、その他の、やらなきゃいけないことは・・・

例えば、「見積書」。例えば「委任状」・・・「送付状」・・・などは

できるだけ、定型化してしまったほうが、効率的に事務処理ができます。



どう、表現したら、相手にわかりやすいかは

いつも、考えるところですけどね。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">











  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 22:31Comments(0)ブログ

2018年06月20日

外国人をタクシー運転手として雇えるか?

タクシー運転手は単純労働とみなされるので、原則就労ビザが発給されません。


道路交通法では、外国人の運転免許取得についての除外規定はないので、

1種免許、2種免許とも外国人の取得は可能です。

適法に在留している外国人は、1種免許を取得した3年後には、

2種免許の受験資格ができます。



外国人が就職したり働くために日本に入国・在留する場合、

「出入国管理及び難民認定法」(入管法)に定められていて、

外国人は、上陸許可に際して決定された在留資格をもって在留することが原則です。



在留資格とは、外国人が日本に在留する間、一定の活動を行うことができる

法的資格です。




しかし、今のところ、一般の外国人をタクシー運転者として就労させることは出来ません。


ただし、「永住者」、「日本人の配偶者等」、「定住者」等、

職種、業種を問わず就労可能な在留資格をもつ外国人は、

日本国内での活動に制限はなくどのような職業でも就労することができますので、

2種免許を持っていればタクシー運転者として働くことができるんですね。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">












  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 14:59Comments(0)ブログ