2014年05月31日

あすから6月!無料保険セミナーのお知らせ 

こんにちは、ツナギストです。




なにやねん!この暑さ~~真夏かいな(プンプン)

うちの中にいても熱中症になりますからね、

気をつけてください。




さて、6月の保険セミナーのお知らせです。

好評いただいている「間違いだらけの保険セミナー」

6月セミナーは、無料開催です。

-------------------------------------------------




あなたは保険の資料を必死で集めて、さらに勉強してから
良い保険に加入しようと考えていませんか?
そんなことは全く無理で無駄です。



なぜなら、保険は単純に比較できないように作られています。
とても、一般人に保険の比較や分析は無理なんです。


semi2.jpg



でも、保険には保険本来の大切な役割があります。
保険を選ぶ時や保険をやめる時はどうしたら良いでしょうか?


よそで話せない保険業界の実態、営業セールスに騙されない方法など、
保険を裏から見ることによって、保険の実体が見えてきます。


このセミナーに参加すると保険選択に迷わなくなるでしょう。



【セミナー内容】

・保険の全体像
・生命保険の基本
・保険商品のからくり
・保険会社の体質
・保険営業
・保険の選択方法・見直し方法



あなたが無駄に払っているかもしれない保険料を
将来のための有益な資金に変えるお手伝いをします。

巷に出回っている「保険本」を読む手間も省けます。








◆ 日程  

6月11日(水)19:30~21:00 708企画室

6月17日(火)19:30~21:00 706企画室


◆ 料金  無料

◆ 定員  5名 (予約制)

◆ 会場  大阪市立青少年センター(kokoplaza) 7階
        大阪市東淀川区東中島1-13-13
         (JR新大阪駅東口より徒歩5分)

◆ 予約  予約メールはこちらから





オフィシャルサイトはこちら



  



Posted by ツナギスト 木下喜文 at 17:47Comments(0)

2014年05月29日

あなたの会社の社会保険料を減らしませんか!

こんばんは、ツナギストです。




もし、あなたが中小企業の社長なら、

こんなことを考えていませんか?

こんな悩みを解決できるおススメセミナーです。




社会保険料が高い!

公的年金も不安!

福利厚生は充実させたい!

自分の税金を安くできないか!




社会保険料(健康保険・厚生年金保険)は

会社も社員も上がっていくのに、

将来もらえる年金は少なくなっていきます。

老後のための生活資金はどうすればいいのでしょうか?

公的年金だけでは当然足りません。




どうしたら良いのか不安で一杯ですよね。

そこで、2001年に国が用意したのが

「確定拠出年金(日本版401k)」。




大企業でしか導入されてこなかったこの制度が、

今は中小企業でも導入が容易になり、広まりつつあります。

その理由は、導入方法に秘密があります。




確定拠出年金を導入すれば、

年金問題も解決でき、

社会保険料も削減できる秘密をお伝えします。




社員が60歳以降の将来のために

年金貯蓄(積立)をすればするほど、税金と社会保険料が安くなり、

その社員を応援すればするほど、会社も負担する社会保険料が

安くなる方法を導入できるように支援します。






◆ 日時  6月25日(水)19:30~21:00 

◆ 定員  5名 (予約制)

◆ 内容  ①選択制確定拠出年金とは

        ②社会保険・公的年金

        ③選択制401k事例

◆ 料金  無料

◆ 特典  導入シミュレーション無料

◆ 会場  大阪市立青少年センター(kokoplaza) 7階 708企画室

        大阪市東淀川区東中島1-13-13
         (JR新大阪駅東口より徒歩5分)

◆ 予約  セミナー参加予約はこちらから

        



オフィシャルサイトはこちら



  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 22:10Comments(0)ブログ

2014年05月29日

家計費削減には生保も損保も見直さなきゃ~

こんにちは、ツナギストです。



消費税増税をきっかけに今までの家計費を見直したい

という方が多くなりました。



家計費の見直しで、効果が大きい代表選手は

「保険」「クルマ」なのですが、

特に生命保険は、長期にわたり保険料を払っていきますので、

一度見直すと大きな効果があります。



クルマも所有すると、駐車場代、税金、燃料、そして保険料などと

維持費は馬鹿になりません。



昨今、カーシェアリングなどクルマを持たなくても、必要なときだけ

使うみたいに・・生活できる方法はいろいろあります。

公共交通機関の少ないところは別の方法を考えましょうか。



クルマには、強制加入の自賠責保険と任意加入の自動車保険がありますね。

まあ、任意といってもほとんど加入していますが。。



今は、自動車保険や火災保険も保険会社によって

補償内容や保険料が違います!!




損害保険の見直しも家計費削減だけでなく

大切な家族を守るためには大切なことですね。












では、今加入している損害保険契約(自動車・火災)は、

契約前に補償内容や保険料を十分検討されましたか?




次の項目で一つでも該当すれば、見直しを検討する価値ありです!


●最初に保険契約してから契約内容を見直したことがない

●特定の代理店や保険会社に、任せっきりになっている

●複数の火災保険を契約していて、保険期間や補償内容が

 整理できない

●特約がたくさん付いているが、本当に必要なのかわからない

●保険金の支払いに新価基準と時価基準があることを知らない

●補償内容があまり理解できていない

●割安で合理的な保険料を支払いたい

●ここ数年、保険金額の見直しをしていない





どれかに該当してしまった項目はありましたか?









損害保険契約の見直しには、

保険証券のご提出(コピー可)が必要となります。

まずは気軽に「損害保険の見直しサービス」をご利用ください。


⇒ 申込・問合わせはこちら





オフィシャルサイトはこちら




  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 16:37Comments(0)ブログ

2014年05月28日

公的年金は年をとってもらう?3つの年金

こんにちは、ツナギストです。




ところで、「ねんきん定期便」ってご存知ですか?

こんなヤツ






ねんきん定期便とは?



ねんきん定期便は現役年金加入者を対象に送付されます。

毎年1回、誕生月に送付され、加入記録だけでなく、


50歳未満の人はこれまでの加入実績に応じた年金額※、

※将来受給できる実際の年金額とは異なります。



50歳以上の人はねんきん定期便作成時点の年金制度に

引き続き加入すると仮定した場合の年金見込額が記載されています。

ねんきん定期便には、

詳細な年金に関する情報が記載されていますが、

具体的な記載内容は以下のとおりです。



年金加入期間

年金額

保険料納付額

年金加入履歴

厚生年金のすべての加入期間の月ごとの
標準報酬月額・賞与額、保険料納付額

国民年金のすべての期間の月ごとの保険料納付状況






ところで、「年金が必要になるのは年をとってから」と

思っている人が多いんじゃないでしょうか。

公的年金の保障機能は「老後・障害・死亡」の3つ。





障害保障と死亡保障は年をとってから必要になる

とは限りませんよね。

未加入期間の救済措置である特別障害給付金制度を利用する人の

半数以上は学生時代の未加入期間中に生じた障害により

無年金となったケースなんです。





未加入期間中の障害については特別障害給付金という

救済措置がありますが、

保険料の滞納による無年金については救済措置がありません。




保険料の納付が困難な場合は免除制度や納付特例制度を利用して、

「滞納」というリスクの高い状態は回避することが大切!




「滞納」と「免除」は大違いです。

長期間未納だと無年金!になりますが、

免除や猶予の手続きをとれば、保険料を納めていなくても

国民年金に加入しているとみなされます。




障害基礎年金や遺族基礎年金にも

受給に必要な加入期間と認められるわけです。




保険料が払えないなと思ったときは、

条件もありますが、免除の手続きをしておきましょう。




オフィシャルサイトはこちら


  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 13:21Comments(0)ブログ

2014年05月24日

お金持ちになる財布の使い方

こんばんは、ツナギストです。



さてと、8%の消費税にも慣れてきましたか?



税抜価格の表示に「安い!」なんて思ってつい買って

会計をすると「高い!」なんてことが多くて困っています。




「お金を貯める方法」なんてものもあちこちにありますが、

あなたがサラリーマンなら、基本は・・・

給料から先取りで貯蓄してしまうことですね。





お金の貯まらない人の共通点は、

給料から諸々買い物などをして

「残ったら貯金しよう」とします。



残念ながら残りません。すなわち貯金は永久にできない。




サラリーマン、公務員なら財形貯蓄などで

天引きで貯金をすると「先に貯金した残りの給料」で

やりくりをすればいいので、残ったら貯金しなきゃ~

っていうストレスもないわけですわ。




あと、「財布」!



はあ~と思ったかもしれませんが、

お金持ちの財布の使い方をご存知ですか?

コレ参考になりますよ(-^〇^-)

すべてに意味があります。

黄色の金運財布じゃなくてもOKですよ~(^^♪










オフィシャルサイトはこちら



  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 19:43Comments(0)