2017年10月31日

古物商許可申請サイトをリニューアルしました

古物商許可のサイトをリニューアルしました。







全国対応によりマッチできるように、サービス内容もシンプルに

しました。




個人申請、法人申請+関西圏限定の申請代行。



さらに、役所証明書類等は自分でとってくる方には、

申請書類作成のみのサービス(20,000円)で承ります。



役所証明書類とは・・・

住民票・身分証明書・登記されていないことの証明書や

会社登記事項証明書、土地・建物登記事項証明書などです。



また、自分で古物商申請もできるように

詳しく説明しているページもあります。



一度、ご覧くださいませ。


全国対応!古物商許可申請.com>>>



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 










  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 14:00Comments(0)古物商

2017年09月11日

今、「公衆電話」を手に入れたいなら

懐かしい「公衆電話」・・・でも・・・若い人はもう知らないのかな~

電話といえばスマホでしょ。みたいな



公衆電話ってこんなやつです。学生の頃、下宿にありました~~





さすがにこれはドラマで見るくらいですが笑




1900年の今日、日本初の自動公衆電話が、東京の新橋と上野駅前に設置されたのです。


当時は「自動電話」と呼ばれていて、交換手を呼びだしてからお金を入れて

相手に繋いでもらうものでした。

1925(大正14)年、ダイヤル式で交換手を必要としない電話が登場してから

「公衆電話」と呼ばれようになったそうです。



古物を扱う店で見つけることができるかもしれませんが・・・

こういった公衆電話の相場はどんなもんじゃ?って疑問に思ったとき

このサイトが役に立ちますね。



オークション上の相場を調べたりできるサイトで、小遣い稼ぎで使っている人も

多いんじゃないでしょうか?






ちなみに「公衆電話」を検索すると



こんな感じで表示されます。



趣味でも小遣い稼ぎでも、はたまた古物商営業でも使えるかも・・・です。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 



















  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)古物商

2017年09月03日

リサイクルショップを開業する方法

リサイクルショップを開業したい場合、

どのような手順で進めていけばいいのでしょうか?



経験や修行のようなものが必要でしょうか?



自分が希望する業種に近い店舗で修行をするのが理想ですね。

ただし、注意してほしい点は、会社によっては就業規則などで一定期間、

同業での独立開業や転職を認めない内容が定められているケースがありますから。




大手チェーンの店長などは当然利益率や仕入れのコツなども勉強できますが、

上記の点をクリアーできないとあとで大きなトラブルになりかねませんよね。

会社側が独立を応援してくれれば別ですが・・・

同じチェーン店のFCオーナーになるならOKみたいな感じでしょうか。



一番大事なことは、仕入れルートの確保や他店と比べて競争力のある販売・買取の立案です。

行政書士が言うのもどうかってところはありますが、

古物商の許可は書類を提出すれば、ほぼ誰にでも許可がおりますので心配はいりません。



リサイクルショップの開業希望者の勘違いで多いものは

小さな店舗を構えれば売りたい人と買いたい人がちょうどよく現れて在庫の調整ができると

考えているところです。



リサイクルショップは客には見えないところでいろいろな苦労があります。

特に買取。新品のものを仕入れて販売するわけではないので、仕入れたいものが

仕入れたいときに仕入れられません。



たとえば衣類で言うと冬物が必要とされる時期には売りに来る人は少ないですし、

冬物を売りたい人は冬が終わった春先に売りに来ます。

それによって、店舗以外のストックヤードや販売数量を上回るストックが必要です。

また仕入れルートもお店に「買います」「高価買入」なんて書いていただけでは集まりません。



独自のコネや営業力をフルに発揮した仕入れルートの開拓が必要です。

(レンタルブティックから独占的に買い取る、服屋からデッドストックを安く譲りうけるなど)

このあたりがネックとなって個人のリサイクルショップの廃業率が高くなります。

大手は客には知らないところで大きな倉庫を持ち、仕入れた品を店舗間で融通したり、

同業大手からの独自の仕入れルートをもっています。




まずは、フリーマーケットなどで目利きを生かして、いいものを購入して

ネットオークションやフリーマーケットで転売経験を積む。

またフリーマーケットで出品しながら、「いらない洋服、無料で引き取りに伺います」のような

宣伝をして資金をかけずに良い服を集め、売れなさそうな服も繊維リサイクルなどに出すなどして、

固定経費をかけずにやってみてはどうでしょう。



そこからホームページを開設し、実店舗を開店でもいいのではないでしょうか?

オークションやホームページで成功しない人が実店舗を開店しても成功するとは思えませんよね。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 







  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)古物商

2017年08月14日

がっちりマンデー!古物商は仕入れを特化すべし


日曜日の朝、TBS「がっちりマンデー!!」を見ていました。






やっぱりね。古物の仕入れは特化すべきを実証してくれる企業が紹介されていました。

もちろん、直接的に古物商営業の話ではないですが・・・



国内で中古のトラクラーなどを仕入れて、海外に輸出して稼いでいるビジネスです。


日本のトラクターは、古くても動くし、小回りもきく。動かなくてもパーツが使えるし、

修理もしやすいらしいです。さすが、メイドインジャパン。



フランスのワイン農場やイギリスのガーデニングなど・・・全世界で大人気です。


今や、農機具が足りないようで、農家から直接買い取る仕組み(サイト)なども

始めたようです。

農家サイドも愛着あるトラクターちゃんが、

海外で活躍してくれることに感動されるようですよ。



これって古物商の醍醐味ですよね。

自分にとっては不要なものが、誰かの役に立つって。



古物商の営業も、知恵を使って特化すれば凄いことになるのです~




(ご参考サイト) 番組とは無関係です。。。

農機具高く売れるドットコム





↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)古物商

2017年08月08日

スマホで古物商を営業したいけど・・・?

車やバイクの古物を扱いたいと考え、古物商許可の申請をしようとします。

主に、ネットオークションなどのサイトから仕入れて販売を行う予定です。

ですから、営業所はありません。

ネットオークションもスマートフォンからの参加なので、プロバイダーとの契約書が

ないのですが、どうすればよろしいでしょうか?

申請の許可はおりますか?




ネットオークションやスマホがこれだけ身近なものになってくると

こんな質問のケースも多くなっています。






ネットオークションなどで古物の売買をする場合であっても、

必ず古物商許可が必要となります。

営業所なしで取得ということはできません。



ネットを利用する場所(自宅など)を営業所として許可を取得することになります。



プロバイダーとの契約の証明方法は色々ありますが、

スマートフォンからの参加であっても、ネット上にご自身のお店を持つような場合、

そのお店のアドレス等を契約されているはずです。


メールなどでの契約の場合やお店のアドレスの使用を許可されているのであれば、

そのメール内容をプリントアウトしたものを申請書類に添付して提出します。




それらがない場合、ネットオークションの大元から使用承諾書を

取る必要がありますね。

管轄の公安委員会によって、ローカルルールのようなものがありますので、

確認されることをオススメします。



もちろん、行政書士に依頼すれば、その手間は省けますけどね~









↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村










  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00Comments(0)古物商