2018年10月31日

会社を設立したら・・・やっぱり融資が必要になったときは?

創業時には、なにかと予想外にお金がかかるものです。



創業融資というと、日本政策金融公庫をまず思い浮かべる方が多いでしょうが、

最近は、一般の金融機関も創業融資には力を入れています。



日本政策金融公庫で優遇される対象は、35歳までの起業、女性起業、シニア起業などが

あります。



でも、融資を成功させる大切なものは「事業計画」です。



と、ここまでは建前で・・・・

実は、税理士先生の口利きが一番効果があります。


創業融資を受けようと最寄りの金融公庫に行くと、

受付は順番通りになって、1~2ヶ月かかることもあります。



ところが、税理士経由ですと、担当者にダイレクトにアクションが起こせるので、

決着が早いんです。


さらに、経験豊富な税理士と事業計画を作成すれば鬼に金棒ってわけです。



ボクはそんな税理士先生とチームを組んでいるので、融資希望の方たちから

とても感謝されています。(税理士さんの力を借りて・・・)



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">







  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 14:48Comments(0)ブログ

2018年10月30日

円広志が事務所に来た~

関西ローカル朝の番組「よ~いドン!」をご存知ですか?






昨日、梅田公証役場で定款認証を受け、一旦事務所に戻って

宅建許可グループに電話していたら・・・・



窓の外に(当事務所は1階の路面店なので・・・)カメラを背負った一団が・・・

うちの看板を指さして、何やらしゃべっています。


そのうち、帽子をかぶった怪しげな男が・・・窓から挨拶。こちらも会釈。

窓だけに、あら? 円さんじゃないですか!

よ~いドンのロケで東三国に来たのね。








スマホを持ちながら「今、電話中なんで、ちょっと待ってね」~なんていう方も

後から考えればどうか?



そして

よ~いドンの円広志さんとなぜか関ジャニの横山さんが事務所に進入。


10分くらいカメラの前で会話・・・・

あとで、スタッフさんがいついつ、もしかしたら放映させてもらうかもって。



感動的な話ができなかったので、「となりの人間国宝ステッカー」はなし・・・


仮に、テレビ放映をちょっとでもされたら、行列のできる行政書士事務所になるかも

なんて、甘い夢を見た出来事でした。ちゃんちゃん




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">







  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 17:34Comments(0)ブログ

2018年10月28日

同業者の売上はどのくらいなんだろう?

士業の売上はどのくらいなんでしょうか?


行政書士は、よ~く食べていけないとか言われて久しいですが笑

食べています。



随分前に、独立したばかりの社労士さんの事務所に伺ったとき、

一人事務所なら年間売上1,000万円まではいくのかな?とか言っていた・・・

独立して、事務所借りて、一人で何もかもやって・・・



社労士は、顧問契約を積み重ねていく商売っていうイメージがあるから

顧客を増やしていけば、なるほど・・・そのあたりまでできるのかな~

とか、思ったものです。



また、同じ頃、開業して3年くらいの行政書士さんに会ったときは、

自宅の敷地内に事務所を作って一人でやっていた・・・

真面目な?その人は家族もいるし、どのくらい稼いでいたんだろう?

ずばり聞けばよかった。



行政書士は、在庫を持つ商売じゃないし、原価も紙代とインク代と電話代くらいだから

利益率の高い商売だと思います。笑



何もしなければ、何も動かないけど、

近頃は、狙って動けば、だいたい狙った通りの反応があり、

今月は、一つの目標であった月利益が3桁になりました・・・



これを、どう継続し、次に複数人体制へステップアップしていくかが次の目標です。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">






















  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 01:49Comments(0)ブログ

2018年10月24日

自由業の1日

どうも最近の行動パターンは、

新規相談者への訪問や役所での相談、申請に1日中外出すると

翌日は、事務所で事務処理やサイト修正、電話確認・・・

みたいな交互の毎日のような気がします。



行動パターンが決まってくることは良いことなのか?どうかわからないけど

サラリーマンじゃない、自由業ならではの行動パターンですね・・・

って、自分に納得させていたりして。



行政書士は、労働集約的な仕事でもあるけど、

事務所経営者としては、最終的には利益がどれだけ出せたかでしょうから、

できるだけ、合理的な動き方をしたいといつも考えます。



とはいえ、簡単に言えば、対面販売業(対面サービス業)なわけで

客数を増やすか、単価を上げるか、リピートを増やすか・・・

悩みどころです。

っていうか、これを考え、実行することも楽しいのです・・・




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">






















  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 20:37Comments(0)ブログ

2018年10月23日

クライアントの発言は注意で~す

新しい問合せ者さんに会うと、

許可申請をするまでのおおまかな流れをお話します。

(割と丁寧に・・・確認しながらですが・・・)



ただ、クライアント(相談者=クライアントと思っていますので)の発言には

注意が必要ですよね。



本籍にしても・・・うん、この住所地もしくはこの近くって思い込んでることが多いし、

賃貸契約書の内容にしても・・・話を聞いただけでは、かなり自分の都合寄りの

思い込みをしていることが多いものです。



裏を取って、こうなっていますけど・・・って言っても・・・それがなにか?って感じ

う~~ん、やっぱりね。



上手にクライアントに動いてもらうことも、クライアントの正直な発言を引き出すことも

プロの仕事なんだな~と思う今日このごろでごじゃる。笑




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">
















  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 18:07Comments(0)ブログ