2017年10月11日

ハトマークとウサギマークって?

何のことと思われましたか?



ハトマークとウサギマークは、宅建業(不動産業)を始めるときの

保証協会のマークを表しています。











正式名称は次のとおりです。


ハトマーク・・・全国宅地建物取引業保証協会(通称:全宅)

ウサギマーク・・・全日本不動産保証協会(通称:全日




まず、不動産業を始めようとしたら、大臣か知事の許可が必要です。

でも、お上の許可が下りてもすぐには営業は始められません。



消費者(お客)に万一の迷惑がかからないように1000万円の供託をしなければ

いけません。なに~1000万円!



ここで、1000万円の供託をせずに、宅建業の営業を開始したい事業者さんは

保証協会へ加入すれば、格安で営業を始められます。




本店だけ(1店舗)なら弁済業務保証金分担金は60万円と案内にはあります。

ただし、この他に、入会金や会費が必要になって150万円程必要になります。




では、両者にどんな違いがあるかっていうと・・・

主な活動内容には大きな違いはありません。


ただし、全国的にはハト加入(全宅)8割、ウサギ加入(全日)2割です。




新規で開業する場合の違い、費用的なものをザックリいうと、

審査の早さではハトが若干早いですね。



(大阪の場合)ウザギさんは毎月20日前後に入会の締切があります。

タイミングによっては1ヶ月ずれてしまうってことがあるかもしれませんよね。



ハトさんの審査~入会までは約1.5ヶ月、ウサギさんは約2ヶ月です。



しかし! 


ハトさんの入会には「3年以上のハトさん会員の推薦」が必要です。

ウサギさんは、その縛りはありません。



あと、多分、ブログでしか書けないと思いますが・・・・

両者には関係団体への賛助金のようなものがあって、

ハトさんは20万円、ウサギさんは5万円程度です。

強制ではありませんが・・・・お付き合いが必要ではないでしょうか?



そうすると、少しでも早くなら、費用がやや高いですがハト。

費用を押さえたいならウサギ。

参考ですよ、参考。



あくまでもどちらに入会するかのご判断は、ご自身でお願いしますね。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 











  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 16:54Comments(0)許認可

2017年09月10日

今日は「屋外広告の日」です

1973年の今日、「屋外広告物法」改正法案が可決成立して、

屋外広告業が明確に定義づけられ、

屋外広告業者の届出制度が創立されました。


また、1982年からは9月1日から10日までを「屋外広告美化旬間」となっています。



屋外広告物とは、屋外に出してある広告物のことで、

広告看板や電柱広告・ポスターのほか、

アドバルーンやチンドン屋さんも含まれるんです。



屋外広告物許可には、条例や関連して道路占用許可なども関わってくるケースも多いので

ご自身で申請すると結構大変ですよ。



>>>屋外広告業登録・屋外広告物許可



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 















  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 10:25Comments(0)許認可

2017年09月05日

法人番号を調べる方法

許認可申請に「法人番号」を記入する欄がよくあります。



『法人番号』

国税庁は、平成25年5月24日に成立(平成25年5月31日公布)した

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」

(以下「番号法」といいます。)に基づき、法人に対して法人番号を指定し、

対象の法人へ通知した後、商号又は名称、本店又は主たる事務所の所在地と

ともに公表しています。





はて?登記事項証明書にある法人番号は12桁なのに・・・

申請書類の法人番号は・・・13桁・・・あれ?



法人番号は、登記上の住所に通知書が着いているはずですが、

あらためて法人番号は?って言われるとあれ?ってことに。



調べるには国税庁のHPで簡単に検索できます。



http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 







  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)許認可

2017年08月24日

ペットタクシーの始め方って知ってる?


この前、三宮のペットショップのワンちゃん、猫ちゃん・・・可愛かったなあ~


こんな子たち・・・





さて、ペット周りのビジネスもいろいろあります。

ペットショップ、トリマー、ペットホテル、ペット服、もちろんペット病院。



最近のペットビジネスの中でも新しいものとして、ペットタクシーがあります。

ペットタクシーの開業の仕方をザックリとお話しましょう。



「ペットタクシー」には2種類の開業方法があります。


①一般的なタクシーのようにお客様を乗せ、ペットも一緒に乗れる

②飼い主さんは乗せずに、ペットだけを預かり目的地まで運ぶ



①のように飼い主さんも一緒に乗れるタクシーにしたい場合には、

個人タクシーとしての許可が必要になり、許可を取得するためには

様々な厳しいハードルや試験があり、

申請してから許可がおりるまでとても長い時間がかかります。



新たに個人で開業する場合には②のタイプで開業することがおすすめです。




法律ではペットは全て「物」として扱われています。

そのため、タクシーに乗ることができる対象を「ペットのみ」に絞ることで、

「貨物運送業」としてペットを預かり飼い主さんのご希望の場所まで

連れていくことができます。


つまり宅配便と同じような考えです。



また「貨物運送業」にも


・一般貨物自動車運送業

・貨物軽自動車運送業

・特定貨物自動車運送業



というように3種類に分かれるのですが、

「一般貨物自動車運送業」は自動車のサイズが大きく、一度にたくさんのものを

運ぶことができるメリットがありますが、申請手続きは大変だし、

車を5台以上準備する必要があります。



ペットを目的地へ連れていくため、一度にたくさんのペットを運ぶことは

多分おそらくありませんから「一般貨物自動車運送業」は

ペットタクシーには向いていないでしょう。わかっとるわ?ですね。




「ペットタクシー」には2番めの「貨物軽自動車運送業」が一番適していると思います。


これは4ナンバーの軽自動車を使用してペットを運ぶことができる許可で、

申請内容に問題がなければ申請から30日ほどで営業を開始することができます。



ペットサロンやペットホテルなどで送迎料金を取りペットの移動をしている

事業者がいますが、この場合にも「貨物運送業」の許可を取得する必要があります。



また、大事なペットを預かりますから、きちんと「寄託契約書」や「利用規約書」などの

整備もしっかりとすることで、様々なトラブルを予防する必要がありますね。



運送業開業ページ>>>



そういえば、「ペットタクシー」のコミックもあるんですね~







  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 09:06Comments(0)許認可

2017年08月21日

運送業許可に必要な5つの要件 その5




運送業許可取得の要件は大きく分けて5つ。

その要件は・・・・?


1.人

2.事務所(営業所)・休憩室

3.駐車場

4.車両

5.資金


の5つです。


今日は、最後の5.資金です。


運送業を開始するための資金を確保している証明として、

申請者名義の銀行口座に預貯金があることを証明できること

(具体的には「残高証明書」で証明します)が要件です。








【自己資金証明方法及び必要資金額について】

自己資金とは申請直前の預金残高証明書に記載された額となります。

○ 自己資金(預金残高証明書記載の額) >必要資金額(①設備・車両費用+②運転資金)

 ① 設備・車両費用

  車両費、土地及び建物費、什器や備品費などを合算した金額を算出します。
  尚、リースや賃貸借の場合には6カ月分を算入することで足ります。

 ② 運転資金

  2か月分の人件費、法定福利費、燃料費費、その他諸経費や各種税金や

  保険費用の年額を合算した金額を算出します。




ざっくりいうと・・・・

運送業を開始するのに必要な資金は、役員報酬・従業員給料の2ヵ月分や、

事務所・駐車場の賃料の6ヵ月分などの諸経費の合計額です。



必用な資金の額は、おおよそ600万円から1,200万円程です。

金額の開きは車両購入額や事務所(営業所)・駐車場の賃料などが変わるからです。



資金の要件は運送業許可の要件の中で、最も大切なものです。

他の要件がすべて揃っていても、資金が確保できなければ申請受付ができないからです。



この自己資金は、

一般貨物自動車運送事業許可申請日以降~許可日までの間、常時確保されていること

要件となりますので、審査途中で自己資金が目減りしていると

申請取下げとなることがあります。



>>>運送業許可申請.comはこちら



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 





  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)許認可