2021年03月23日

宅建業免許を早く予定どおり取得する方法


法人で大阪府の宅建業免許取得をされる方に、まず、お聞きします。


1.営業所は本店登記されていますか?

 宅建業では、本店=営業所です。

2.専任の取引士は確定していますか?

3.保証協会にこだわりはハトとウサギとこだわりはありますか?


これだけ聞けば、最短で開業できる日をお伝え出来ます。

簡単でしょ。


宅建業免許申請と保証協会入会の手続きは

自分でやろうとすると・・・意外に面倒なものです。


証明書(本籍地からの身分証明書取得や法務局で登記ない証明書取得)を

取るだけでも、営業所の写真を撮るだけでもうんざりされるはずです。


それなら、経験豊富で宅建業免許申請に慣れている行政書士に

頼んでしまった方が、精神的にも時間的にもストレスフリーで

正解です。


どうぞ、お気軽にご相談くださいませ。


宅建業免許申請について>>>


↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・酒類販売業・産廃業) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまの困り事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com









  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 00:58Comments(0)宅建業免許

2021年03月21日

宅建業免許申請代行料金をなぜ安くできるのか?

毎月、宅建業免許の新規申請を5件程度受任していると

(他にも宅建業変更届や更新手続きなどなどの受任も・・・)

良い意味で慣れてきます。


いつ、開業できるのかのスケジュールに従って

これだけは準備して欲しいこと、これはこちらで準備するとか

パッと道筋が見えます。



今はメールもSNSもあるので、最終的に事務所の写真撮影の際、

必要な書類に押印をもらえば、あとは申請だけ。

同時に保証協会手続きも慣れているので、サクッと完了します。

何度も打合せ面談する必要もありません。


てなわけで、

多分、よその事務所よりかなり安価で対応ができますし、

経験からイレギュラーなケースもクリアできます。


たまに、紹介で宅建業更新手続きで書類と同時に前の事務所の

金額を見たりします。


えつ! 信じられないほど安い(本当に行政の申請手数料も入っているの?)

金額だったりしますが、その後ここはどこまでフォローしているんだろう?

って思いますね。


いくら安くても、常識があるでしょう。

ただの代書屋かって。

安いのが大好きな人はいますが、先を考えたらあまりお勧めしませんね。


うちは、適正かつ安価に安全に、長いお付き合いができるよう

大切に対応させてもらっています。


宅建業免許申請について>>>


↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・酒類販売業・産廃業) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまの困り事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com








  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 00:24Comments(0)宅建業免許

2021年02月21日

宅建業大臣免許が・・・

既に宅建業免許を受けている業者さんが、

新たに本店と同一の都道府県内に事務所(支店や従たる営業所)を

設置するするには、「変更届」でいいんですが・・・

(ただし、その分の営業保証金の積み増しが必要)



本店の設置と異なる都道府県に支店(従たる事務所)を設置するときは、

変更届ではなく宅建業免許の免許換え(大臣への免許換え)の手続き

になります。


最近、大臣免許の問合せが多くなっています。

知事免許より大臣免許の方が、格が上ってことではなくて、

複数の都道府県に営業所を設置すると大臣免許になるってことです。



その中でも、大阪本店の商号変更、代表変更、大阪府外に移転し、

支店をまた別の県に出したいという大臣免許換えの案件?


関係行政に確認しているのですが・・・なかなかレアケースのようです。

しかも、保証協会の絡みもあって・・・わくわくするような仕事であります。


宅建業大臣免許換え>>>



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・酒類販売業・産廃業) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまの困り事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com







  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 01:28Comments(0)宅建業免許

2021年02月05日

宅建業免許申請はやっぱり依頼した方が楽ですよ

時間と手間を気にしない人は

大阪府のホームページを見て、申請書類などをダウンロードして

パチパチと入力していけば、いずれ書類は完成するでしょう。


身分証明書を本籍地の役所で取って、登記されていない証明書を法務局で

取って、事務所の写真を撮影して、何とか申請受付にはいけるでしょう。


いかにも自分で申請書類を準備してきた方が・・・・

申請窓口で、これはありますか?これとこれを次回用意してください。と

よく言われているのをみます。


大阪府の許可は約5週間で下りますが、

保証協会の手続きは、どうされるんでしょうか?

保証協会には、新規入会の締め切り日があって、月1回か月2回なので

タイミングをはずすと、さらに日数がかかってしまい

予定していた開業日を大幅に過ぎてしまう危険性があります。


それを解決する方法は、

行政書士、それも宅建業免許申請に超慣れている行政書士に頼むことです。



間に合うかどうかヒヤヒヤしながら、開業準備をするストレスも

なくなります。


また、法人の設立は司法書士に頼んでいるので、

そのあとの免許申請を頼みたいというケースもあります。

この場合、設立のタイミングを待って、準備しますが・・・(もちろんできるものは先に)

初めから、法人設立と宅建業免許申請も一括して依頼してもらえると

全く、全く無駄な時間を費やさずにゴールへ進みことができます。


うちの費用は、宅建業免許申請と保証協会入会手続きも合わせて

毎月のキャンペーンに乗っかれば、おそらくめちゃくちゃ安価です。

しかも・・・証明書取得費用も事務所写真撮影もコミコミだから

後々いくら精算ってこともなく、最初に、報酬額と公的な申請手数料を支払えば

あとは・・・・保証協会の事務所調査と面談、会費の支払い、そして

大阪府からの免許通知はがきの到着を待つだけ。


最終の「免許証」受領は、せっかくの最初のお仕事ですから

代表の方に行っていただきますが。


まあ、僕が不動産業を始めようとしたら、絶対にプロ行政書士に頼みますね。



宅建業免許申請フルサポート>>>



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・酒類販売業・産廃業) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまの困り事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com






  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 00:27Comments(0)宅建業免許

2020年08月26日

宅建業免許申請の賃貸借契約提示がいらなくなる


毎月宅建業免許新規申請、更新申請をしています~


営業所を借りて、新規申請をする場合、

「事務所を使用する権原に関する書面」に押印し、賃貸借契約書を提示します。


実は、たまたま外資系のオーナーの物件の契約書(インターネット申込)を

持って、府に相談に行ったら・・・

8月までの申請では、印鑑を突いた契約書が必要だけど、

9月からは、賃貸借契約書の提示は不要になって、

「事務所を使用する権限に関する書面」だけでOKになるそうですわ。


取引士の専任・常勤性の証明も簡略改正されたし、

続いて、賃契に関しても簡略されるようですね。



宅建業免許申請について>>>


↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





行政書士開業セット

士業のためのWEB戦略 7ステップ

2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】









  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 23:56Comments(0)宅建業免許