2021年10月16日

年数の長さより経験の質


士業は年数が長ければいいってもんじゃないっすね。


開業した頃は、年数が長い方がクライアントから信頼されるのかなって

思っていた。


先生は、長いんですか?

いえいえ、短いですよ。(でも、経験内容は濃いですよ。)


実際に、クライアントの話を聞くと

前に相談した方は、こう言っていたので、頓挫した・・・

そんな話が多い。



今は、こうですよ。

そこは、こうなっているので、問題ないですよ。・・・


結局、長くやっていると、考え方、方法が固まってしまっていて

役所の対応が変わっているのに、自分の対応が変わっていないのかな~って


年数経験(中身が伴わない)の長さより、経験の質の方が

クライアントのためにも自分のためにもなる。



最近、特にそう感じるケースが多いですね。

日々、質の良い経験を積み重ねようと自戒を込めて。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・酒類販売業・産廃業) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまの困り事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com



  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 01:36Comments(0)ブログ