駆け出しおっちゃん行政書士の本音

2017年05月22日

家族名義の預貯金があったとき

たとえば、夫が死亡し、相続人は妻と長男だったとします。

夫が妻名義で1,000万円、孫名義で500万円の銀行預金をしていました。


この場合、遺産分割はどうしましょうか?







家族名義の預金を被相続人の預貯金と確認したうえで遺産分割します。


名義人が遺産分割に参加して、遺産の確認と相続人への名義変更手続きに

協力するという承諾が必要になります。


ガッツポーズをした孫が協力してくれることを願います。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


★遺言分割協議書作成>>


★大阪市淀川区のツナギスト行政書士>>>

  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 16:44Comments(0)遺言・相続

2017年05月21日

遺産が自宅だけ、相続人の1人が住み続ける方法

相続あるあるです。


自宅で父と暮らしていたお兄ちゃんがいます。

父が亡くなってしまったけど、このまま無償で住み続けることが

できれば、土地建物の権利を弟に相続させてもいいと考えています。


さあ、どう遺産分割をしたら良いでしょうか?






答え・・・

賃貸借か使用貸借などの用益権を設定する遺産分割をします。



賃貸借契約の場合、賃料、目的、期間等を定める必要がありますが、

借地借家法の適用を受けるので、使用貸借より強い保護を受けることが

できますね。


使用貸借の場合、建物、敷地の固定資産税等の負担をしますが、

第三者に土地建物を譲渡してしまった場合、借主がその第三者に

使用借権を対抗できないという問題が起こる可能性もあります。


慎重に選択すべきですね。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


★遺言分割協議書作成>>


★大阪市淀川区のツナギスト行政書士>>>






  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 09:16Comments(0)遺言・相続