駆け出しおっちゃん行政書士の本音 › ブログ › 家庭を会社に例えて

2013年12月08日

家庭を会社に例えて

こんばんは、お金と平和な家庭をつくるツナギスト木下です。


家計を企業(会社)と考えてみるとわかりやすいことがあります。

家庭にも「決算」があると考えることですね。


一般にボーナス支給日が間近でしょうが、給料やボーナスが入ったからと

いって、パーっと使っちゃう人も少ないでしょうが(バブル期を経験した人は違うかも?)




① 家計の損益計算書

 「収支」「計画と決算の差異」「税金・社会保険料」などの確認ですね。

 総収入、生活費、イベント費、保険やローン、貯蓄可能額。。。の収支

 黒字の額が少なければ原因を調べて修正しましょう。



② 家計の貸借対照表

 お金を使う時期の確認をしておきましょう。

 短期・中期・長期(超長期)みたいに・・」




 短期は現金や預貯金で準備しておくクレジットやクルマのローンなど

 中期は債権で準備とか、教育費、教育ローンなど

 長期は株式?他で準備しておく住宅ローンや老後資金など



こんな大まかなイメージだけでも随分変わるはずです。

少し真面目か・・


アメブロ 「老後設計・遺産相続ブック 大阪FPガイド」も一度ご覧下さい。



同じカテゴリー(ブログ)の記事画像
久しぶりのBBQの予定
許認可専門行政書士の楽しみは・・・
許認可専門行政書士の楽しみは・・・
現地調査からの~
どれだけ努力すると運が味方するのか?
GWのスキマの平日に役所へ行くのだ~
同じカテゴリー(ブログ)の記事
 和のゴスペルをご存知ですか? (2018-06-23 14:21)
 酒類販売業免許申請の納税証明書 (2018-06-22 16:22)
 定型化できるものは定型化する (2018-06-21 22:31)
 外国人をタクシー運転手として雇えるか? (2018-06-20 14:59)
 やはり天災は忘れた頃にやってくる (2018-06-19 11:51)
 地震大丈夫ですか? (2018-06-18 10:54)

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 21:30│Comments(0)ブログ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。