駆け出しおっちゃん行政書士の本音 › 遺言・相続 › 相続業務では食えないから・・・やらない

2018年12月17日

相続業務では食えないから・・・やらない


行政書士事務所を開業したばかりの先生?に

「今後、どんな業務を専門にするんですか?」と聞くと、

「在留」、「建設業」、「成年後見」とたいてい同じ答えが返ってきます。



そして、その解答の筆頭に挙がるのが「相続業務」です。

ですが・・・、絶対、本命の仕事にしちゃダメでしょ。


その理由は、「食えない」から。



試験勉強で相続についての多少の知識がある、

まあまあ、まとまったお金が手に入りやすい、

実務経験がなくても、なんとなくできそう~~~

御本人はそう思っているかもしれませんが、

大きな勘違いですよ、残念ながらね。



手間はかかるし、解決するまで、かなりの時間もかかります。

しかも、行政書士が手伝えるのは、戸籍集めと遺産分割協議程度なので、

大きなお金にはなりまへ~ん。

さらに、競争相手が多すぎます。税理士や司法書士や・・弁護士!


もし、相続業務で食えるとしたら、


・相続を専門に行っている税理士の下請けになるか

・葬儀屋の知り合いがいるか

・介護事業所などに繋がりがあるか


でしょうね。


仮に、相続業務に関連して食えるとしたら

不動産屋と太いパイプがある場合でしょうね。


相続には、ほぼ100%不動産が関わりますから

売買などの処分からの紹介手数料です。


行政書士にとって、こんな不安定な業務は事務所経営者としては

手を出してはいけません。

(実はやっぱり始めは少し迷った時期もあるんですけどね~)



だから、ボクは相続業務はやりません。

チームの税理士先生に紹介します笑




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">














同じカテゴリー(遺言・相続)の記事画像
市民税・県民税の相続放棄
連休は『遺言相続』サイトの修正に最適
祭祀財産と相続の関係
空家を相続してしまった!売ったら税金はどうなるの?
遺言書作成 のチェックは8つ
お盆で帰省したら家族で遺言や相続の話を
同じカテゴリー(遺言・相続)の記事
 公正証書遺言が必要となるケースって? (2018-01-26 05:00)
 相続税の物納で株式がランクアップしたけど・・・ (2018-01-03 12:13)
 市民税・県民税の相続放棄 (2017-11-07 11:26)
 連休は『遺言相続』サイトの修正に最適 (2017-11-06 00:53)
 相続4点セットは家族への思いやり (2017-09-21 05:00)
 遺言書の書き方 (2017-09-18 05:00)

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 20:55│Comments(0)遺言・相続
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。