駆け出しおっちゃん行政書士の本音 › ブログ › 「産廃業」の文言が定款の目的に必要か?

2018年06月24日

「産廃業」の文言が定款の目的に必要か?

産廃収集運搬業許可を申請する場合、定款の目的に「産廃業」の文言が必要か?

答えは、自治体によって異なります。

ですから、事前に確認する必要があります。



⑴ 目的に産廃業の記載は不要なケース

この場合、会社の定款の目的は、産廃業の許可取得において一切問題にならないということです。



⑵ 目的に産廃業は必要だが、「上記各号に附帯関連する一切の業」を広く解釈するケース


会社の定款の目的の一番最後には大抵、「上記各号に附帯する一切の業」というような条項が入ります。


建設業に伴い発生する産廃、運送業に伴い発生する産廃・・・・など、

これらの産廃の運搬については、上記各号(建設業等)の附帯関連事業として、

目的の範囲であると考えることになります。

本業と附帯関連する事業という2つの文言があれば、目的に産廃業は不要です。



⑶目的に産廃業は必要で、附帯関連業の記載では目的に産廃業が入っていると認めないが、

目的に産廃業を入れるようにとの行政指導のみで許可が出るケース


申請時、あるいは許可時に窓口で、

「産廃業の文言を入れる目的変更をしておいてください」

とは行政指導を受けるものの、そのまま許可証が発行される自治体もあります。



⑷目的に産廃業の記載がなされるまで申請を受け付けない、或いは申請を受け付けても許可証の発行はしないケース


目的に対して申請先の自治体が最も厳格な姿勢をとるのが、このケースです。

事前に、または申請後すぐに、産廃業を追加する目的変更が必要になります。



定款の目的については、事前の確認が必要ですね~~


産廃業許可申請.com 大阪>>>





↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">



















同じカテゴリー(ブログ)の記事画像
久しぶりのBBQの予定
許認可専門行政書士の楽しみは・・・
許認可専門行政書士の楽しみは・・・
現地調査からの~
どれだけ努力すると運が味方するのか?
GWのスキマの平日に役所へ行くのだ~
同じカテゴリー(ブログ)の記事
 レンタカー事業の本社と営業所 (2018-07-17 14:43)
 外国人さんの会社設立 (2018-07-15 22:24)
 産廃業中間処理の準備? (2018-07-14 15:08)
 電子申請の準備をいよいよしますか (2018-07-12 20:23)
 家賃減額請求の依頼 (2018-07-12 13:21)
 誰でもできることは値下げ合戦に巻き込まれる~ってか (2018-07-09 21:19)

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 15:07│Comments(0)ブログ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。