駆け出しおっちゃん行政書士の本音 › 許認可 › 【不動産業】どうせなら初期費用は安いほうが良い

2018年04月26日

【不動産業】どうせなら初期費用は安いほうが良い

宅建業(不動産業)は、知事の宅建業免許取得だけでは

営業を開始することはできません。

「営業保証金の供託」もしくは「保証協会への加入」を完了して、

知事から免許証の交付を受けてはじめて営業が開始できます。




保証協会入会のメリットは、

営業保証金(本店1,000万円・支店1店舗につき500万円)が免除され、

弁済業務保証金分担金として本店60万円・支店1店舗につき30万円と

入会諸費用を納めることで、開業時の負担を大幅に軽減することができること。




ただし、

実際の入会に要する総費用は、入会諸費用等が必要になりますので、

(入会月にもよりますが)ざっと150~160万円が必要となりますが、

供託金1,000万円と比較すれば、大幅な初期費用削減になります。



通常は「宅建業免許申請してから、協会加入をする」ものと、

考えがちですが、協会加入審査にも日数がかかりますので、

営業開始がそれだけ遅れてしまいます。



当事務所は、宅建業に精通しており、

協会との事前相談をしつつ、宅建業免許申請と同時に

申請書控(受付印押印)をもとに、同時に協会加入申請手続きを

スタートしますので、大幅に時間短縮ができます。



また、全日本不動産協会(全日)加入のメリットは、

全宅のように「既存会員の推薦」が現状は不要という点も挙げられます。



当事務所の「宅建業免許申請と協会加入申請のサービスセット」も

好評を頂いていますが、今回の全日加入キャンペーンは、

ご依頼者様にとっては、さらにお得感があるのではないでしょうか?



保証協会【全宅と全日】の比較について>>>




★宅建業免許取得代行(大阪府)+全日本不動産協会加入申請代行(全日)
キャンペーン!!!


100,000円が →  70,000円(税別)で!



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム













同じカテゴリー(許認可)の記事画像
自動車運送事業の運行管理者になるには
海外の方のレンタカー事業申請完了です
車庫証明が楽に
今日は依頼者の開業日であ~る
飽和状態でも美容室の開業は増え続ける
運送業はライフラインなのです
同じカテゴリー(許認可)の記事
 今日は納品日? (2018-10-22 20:39)
 同じ業務でも同じ案件はやはりな~い (2018-10-15 17:50)
 ひとつとして同じ仕事はな~い (2018-09-26 12:53)
 【薬局】店舗販売業と特定販売 (2018-09-14 17:47)
 【医薬品販売】店舗販売業とは? (2018-09-05 17:20)
 【大阪府宅建業免許+全日加入】特別割引します (2018-05-07 14:38)

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 15:15│Comments(0)許認可
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。