駆け出しおっちゃん行政書士の本音 › 許認可 › 不動産会社を早く設立したいなら

2017年08月11日

不動産会社を早く設立したいなら


■不動産会社を設立したいけど、事業準備が忙しくて設立手続きの時間が作れないとか

■個人事業として経営してきた不動産業を法人化したいとか

■不動産会社設立と宅建業免許の申請を同時進行させて起業の期間短縮を図りたいとか


こんな悩みを抱えている方も多いでしょう?(多くはないか)








不動産会社設立と宅建業免許手続きを出来る限り並行して進めることで、

事業開始までの期間短縮に繋げることができます。



当事務所では、不動産会社の設立と宅建業免許の同時手続き代行をしています。

メリットは、時間短縮と報酬額の割引きですね。

ダブルような証明書類などを一度に取得できますから当然ですが。



ご存知だと思いますが、不動産業者として営業を開始するには、免許取得後

供託金1,000万円、または保証協会への入会金その他150万から200万円弱が必要です。



必要な諸費用は、丁寧にご案内しますので、ご安心ください。



では、不動産会社の営業開始までに必要な日数はどのくらいかっていうと、

一般的な場合の目安として、

不動産会社を設立する諸手続きに、通常約3日から7日程度、

設立登記の申請をして登記事項証明書が取得可能になるまでが

7日から10日程度かかります。

したがって、不動産会社の設立は約2週間程度で完了します。



その直後に宅建業免許(知事)の申請を行ったとして、

行政庁の審査が1か月程度かかりますから、

不動産会社の設立と合わせると営業開始までには

約2か月程度の期間を要することになります。



※保証協会に加入する場合は、さらに2週間から1か月程度の手続き期間が加算されます。







詳細については

当事務所運営の大阪宅建業免許申請サポートセンターへ




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・>古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村









同じカテゴリー(許認可)の記事画像
運送業許可に必要な5つの要件 その3
運送業許可に必要な5つの要件 その2
運送業許可に必要な5つの要件
運送業を始める時の2大ポイントは?
ドローンスクールは「公認制度」導入へ
民泊新法(住宅宿泊事業法)早ければ来年1月から施行?
同じカテゴリー(許認可)の記事
 運送業許可に必要な5つの要件 その3 (2017-08-19 05:00)
 運送業許可に必要な5つの要件 その2 (2017-08-18 05:00)
 運送業許可に必要な5つの要件 (2017-08-17 05:00)
 運送業を始める時の2大ポイントは? (2017-08-16 05:00)
 ドローンスクールは「公認制度」導入へ (2017-08-15 05:00)
 民泊新法(住宅宿泊事業法)の問題点 (2017-08-04 11:00)

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00│Comments(0)許認可
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。