駆け出しおっちゃん行政書士の本音 › 遺言・相続 › 相続人が相続放棄をしないうちに亡くなったら

2017年05月18日

相続人が相続放棄をしないうちに亡くなったら

借金を残して亡くなったおじいちゃんの相続を

放棄する予定だったお父ちゃんが急逝してしまった。

お父ちゃんの遺産は相続したいけど、おじいちゃんの借金は相続したくない。


さあ、どうなるでしょう?







被相続人A(祖父)の相続について、Aの相続人B(父)が相続の承認も放棄も

しないまま熟慮期間内に死亡し、相続人CがBの相続人となった場合を

「再転相続」といいます。



A-B-Cと再転相続が生じたとき、Cは被相続人Aの相続について

承認または放棄する地位をBから承継するので、被相続人Aの相続と

被相続人Bの相続の2つの相続について、承認・放棄の選択権を持つことに

なります。



この場合、Cは以下の選択ができます。


① A、Bの相続のいずれも承認する

② A,Bの相続のいずれも放棄する

③ Aの相続は放棄し、Bの相続は承認する


ただし、Bの相続を放棄して、Aの相続を承認することができません。

理由は、Bの相続を放棄することによって、Bの有していた選択権も

承継しなかったことになるからです。




問題のケースでは、おじいちゃんの借金のある相続を放棄して、

お父ちゃんの遺産を相続することができます。

めでたしめでたし~



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


★遺言相続サイト>>



★大阪市淀川区のツナギスト行政書士>>>





同じカテゴリー(遺言・相続)の記事画像
親といつかは話をしないといけない相続、いつする?
逆縁対策はほどほどに
遺言信託と遺言代行信託はどこが違うの?
法定相続情報証明制度Q&A
「親亡き後問題」の不安を解決する方法
煩雑な相続手続きを回避する遺言代行信託って?
同じカテゴリー(遺言・相続)の記事
 親といつかは話をしないといけない相続、いつする? (2017-07-20 06:00)
 妻が亡くなったら先妻の子に財産を継がす方法 (2017-07-16 07:00)
 逆縁対策はほどほどに (2017-07-15 06:00)
 遺言信託と遺言代行信託はどこが違うの? (2017-07-08 06:00)
 法定相続情報証明制度Q&A (2017-07-03 06:00)
 「親亡き後問題」の不安を解決する方法 (2017-07-02 06:00)

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 09:34│Comments(0)遺言・相続
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。