駆け出しおっちゃん行政書士の本音 › 法人設立 › 会社が赤字でも税金がかかる?

2017年04月06日

会社が赤字でも税金がかかる?

会社設立しても当面は赤字が続きそう・・・ってことはあります。

会社が赤字でも収める税金というのはあるのでしょうか?



赤字だと儲けがないので、税金を納めなくていいように思いますが、

法人住民税の均等割は納税義務があります。



法人住民税は、均等割と法人税割からなっています。

均等割は資本金などの額と従業員の数によって負担額が決まります。

法人税割は、法人税額に応じて負担が決まります。



均等割は、会社の所得に関係がないので、

赤字でも法人住民税の均等割は納税する必要があります。



最低水準(資本金等の額が1,000万円以下、従業員数50人以下)の場合、

法人住民税の均等割は、一般的に7万円といわれています。

(道府県民税分2万円+市町村民税5万円)






↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村





同じカテゴリー(法人設立)の記事画像
事業協同組合ってなに?
結局、合同会社と有限責任事業組合の違いは何?
LLPって知ってる?
LLC(合同会社)の良い点
アマゾンジャパンが株式会社から合同会社に変更した理由
一般社団法人とNPO法人ってどこが違うの?
同じカテゴリー(法人設立)の記事
 NPOと一般社団法人ではどちらがオススメか (2017-08-12 05:00)
 事業協同組合ってなに? (2017-07-07 06:00)
 結局、合同会社と有限責任事業組合の違いは何? (2017-06-29 06:00)
 LLPって知ってる? (2017-06-23 06:00)
 LLC(合同会社)の良い点 (2017-06-22 06:00)
 アマゾンジャパンが株式会社から合同会社に変更した理由 (2017-06-15 06:00)

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 09:00│Comments(0)法人設立
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。