駆け出しおっちゃん行政書士の本音 › 許認可 › お店でアンティーク雑貨を扱いたい・・・

2017年04月01日

お店でアンティーク雑貨を扱いたい・・・

アンティーク雑貨やアンティーク家具を販売したい・・・

そんな時は、「古物商許可」が必要です。



古物(中古品)は古物営業法施行規則によって、次の13種類の品目に分けられています。


1.美術品   

2.衣類   

3.時計・宝飾品

4.自動車

5.自動二輪・原付

6.自転車類

7.写真機    

8.事務機器

9.機械工具

10.道具

11.皮革・ゴム製品

12.書籍

13.金券類


例えば、アンティーク家具や雑貨には、時計とかアクセサリーでも

「宝飾品」に該当する場合などがあるので、

管轄警察署の担当に確認しておく必要がありますね。




古物商(お客様の声)>>>



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



同じカテゴリー(許認可)の記事画像
許認可の3つの基本要件
トラック運送業を始めたいとき
宅建業と行政書士は相性がいいのです
先日80名参加イベントでばらまいたチラシは?
開業には許認可が必要です
アイラッシュサロンも美容所登録を
同じカテゴリー(許認可)の記事
 許認可の3つの基本要件 (2017-06-20 06:00)
 トラック運送業を始めたいとき (2017-06-14 06:00)
 宅建業と行政書士は相性がいいのです (2017-06-13 06:00)
 先日80名参加イベントでばらまいたチラシは? (2017-06-07 05:00)
 開業には許認可が必要です (2017-06-06 05:00)
 そもそも許認可ってなんでしょう? (2017-05-23 09:02)

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 10:19│Comments(0)許認可
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。