駆け出しおっちゃん行政書士の本音 › 遺言・相続 › 「遺言書」は心身ともに元気なうちに作ること

2017年03月31日

「遺言書」は心身ともに元気なうちに作ること

遺言者の意思能力の有無が重要なんですね。

もし意思能力に疑いがある状態で遺言書を作成すると

相続発生後にその有効性が問われて・・・

相続人間で揉める(訴訟ってことも)ケースもあります。



なので、遺言書は心身ともに元気で判断能力がしっかりしているうちに

他人の影響も受けずに作成することが大事です。







遺言書を一度作成したら、もうおしまいって思っている人もいますが、

作成後に心境が変化したり、周囲の事情や財産内容の変化に

伴って、書き換えることができます。


遺言書を一度作成したらそれで終わりではありません。

定期的な見直しも必要ですね。



遺言相続専門サイト>>>


↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村





同じカテゴリー(遺言・相続)の記事画像
家族名義の預貯金があったとき
遺産が自宅だけ、相続人の1人が住み続ける方法
遺産分割の話合いがまとまったら
相続放棄されているか知りたい!
相続人が相続放棄をしないうちに亡くなったら
相続財産のほとんどが借金だったら・・
同じカテゴリー(遺言・相続)の記事
 家族名義の預貯金があったとき (2017-05-22 16:44)
 遺産が自宅だけ、相続人の1人が住み続ける方法 (2017-05-21 09:16)
 遺産分割の話合いがまとまったら (2017-05-20 07:39)
 相続放棄されているか知りたい! (2017-05-19 17:32)
 相続人が相続放棄をしないうちに亡くなったら (2017-05-18 09:34)
 相続財産のほとんどが借金だったら・・ (2017-05-16 10:56)

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 11:55│Comments(0)遺言・相続
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。