駆け出しおっちゃん行政書士の本音 › 創業融資 › 無担保無保証で利用できる資金調達の3つの常識

2017年02月09日

無担保無保証で利用できる資金調達の3つの常識



無担保無保証で利用できる資金調達の3つの常識


たとえば、これから飲食店を始めようとしたとき

「日本政策金融公庫なら簡単に資金を貸してくれる」とか

「政府系の金融期間があかんかっても、他に借りられるところは

あるだろう」


と、安易に考えている人がいます。


しかし、


現実はそんなに甘くありません!


確かに10年以上も前なら、日金(昔の国金)が借りやすいとか

自己資金がなくても融資が受けられたこともありました。



創業者向けの無担保無保証融資として

日本政策金融公庫には「新創業融資」という制度があります。

最大で・・・自己資金の9倍かつ3,000万円まで融資してもらえますが、

この制度は、自己資金が有る方が対象。

つまり、自己資金が全くない人や不十分な人は

融資が受けられません。




もう一つ、「制度融資」というものがあります。

これは、民間銀行からの貸出に信用保証協会という政府機関の

保証をつけた融資です。

こちらも、地域によって内容は変わりますが、

だいたい日本政策金融公庫に準じています。



では、他の手段は・・・ノンバンクの融資やファンドによる出資?

こちらも創業者向けの融資や飲食ではまずありえません。



そこで、厳しいようですが、飲食店の創業者が

無担保無保証で利用できる資金調達の3つの常識を押さえておきましょう。


1.創業融資には「新創業融資」と「制度融資」の2つがありますが、

  借入額に見合った自己資金が必要


2.一箇所の金融機関からの融資額は1,000万~1,500万円が一般的


3.ファンドやノンバンクの利用はできない




つづく・・・・






同じカテゴリー(創業融資)の記事画像
飲食店開業まではやることがいっぱい
融資がダメになる理由とは・・・
同じカテゴリー(創業融資)の記事
 飲食店開業まではやることがいっぱい (2017-06-16 06:00)
 融資がダメになる理由とは・・・ (2017-04-04 17:27)

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 10:28│Comments(0)創業融資
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。