2019年03月26日

酒類販売業の許可で酒類指導官がいうこと


先日、酒類販売業の許可の交付に同行立会をしました。



当然、その日からお酒の販売業者になるわけで、

記帳義務が発生します。



これは、会社の会計上の記帳義務と違って

酒税法上の記帳義務です。



さらに、お酒の販売に関わるってことは・・・

会社の従業員のトラブルにも注意が必要になります。


当たり前のことですが・・・飲酒運転などはもってもほかです。



許認可のうちでも、酒類販売業は独自の注意が必要ですね。


酒類販売業免許申請について>>>



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">





















  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 00:38Comments(0)ブログ