2019年01月15日

酒類販売業の納税証明書はちょっと違う!?


許認可の納税証明書は国税だったり市税(府税)だったりします。


ところが、酒類販売業に関しては

許可申請は国税だけど、納税証明書は市税について取ります。


しかも、ちょっと内容が普通と違うんですね。


1.過去2年間において大阪市税について滞納処分をうけたことがないこと。

2.現在において未納となっている大阪市税がないこと。


というような「証明願」に市長の証明印が押されたものが納税証明になります。



ところがですよ~~

法人で市税の納付が毎月10日に引き落とされるような場合、

役所の確認が5営業日かかるらしく・・・連休もあって、

納税証明書を取りにいったらば・・・通帳か何かわかるものが欲しいというんですよ。


結局、依頼会社にいろいろ頼んで取得できたんですが、

すげ~~時間がかかって・・・疲れましたわ。



まあ、これも経験だと、前向きなボクの一日でした(にが笑)


↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">













  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 21:30Comments(0)ブログ

2019年01月15日

さ~て、そろそろ真面目に仕事しましょう

お正月と連休も終わって・・・

そろそろ、真面目に?仕事しましょうね。



行政書士の許認可申請もいろいろあって、

いわゆる手離れのいい仕事(必要なものさえ揃えばさっさと申請できる)もあれば

証明書や現地調査、役所との折衝などと準備に時間がかかる仕事も

あります。



当然のことながら、両方の仕事を抱えると

並行しながら、スケジュールを組んで、できるだけ効率的に処理を

していくわけです。



さて、さて明日から、1月も後半戦。

頑張っていきましょう~~



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">












  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 01:42Comments(0)ブログ