2019年01月13日

宅建業免許更新で思うこと


宅建業の免許更新はご承知のように5年ごとです。

万一、更新期限が過ぎてしまった場合は、更新手続きができず、

新規申請扱いとなってしまい、免許の( )が1に戻ってしまいます。




有効期間の最終日(免許満了日)が日曜・祝日でも、

更新が1日でも遅れると免許が失効します。

仮に、ぎりぎり最終日に更新の手続きに行ったとき、

今までに、役員変更とか宅建士の変更とかの変更をしていなかったとしたら

過去に遡ってすべての変更届を提出しないと更新の手続き自体、受付されません。

つまり・・・免許がきれます・・・・




先日、宅建業更新手続きの依頼を受け、書類の準備をしていた際、

前回の副本と登記事項全部証明書を見比べて、

新役員の変更届が未提出かもしれないと思い、

念のために変更届の書類も準備していったところ、やはり未提出だったんですね。


事前に変更届を準備していたので、更新手続きと同時に提出し、処理することができました。



ご注意くださいね!宅建業免許更新の確認ポイント


①有効期間満了後も引き続き宅建業を営む場合には、

免許の有効期間満了日の90日前から30日前までに、免許の更新申請をする必要があります。


②事務所・代表者・役員・政令使用人・専任の宅地建物取引士等に関しての変更は、

正しく届け出ていますか?


③宅地建物取引士の資格登録に関しての変更は、正しく届け出ていますか?


④事務所に関して、引き続き永続性のある権限に基づき設置されていますか?


⑤身分証明書・登記されていないことの証明書・住民票・納税証明書は、

申請受付時に発行3ヵ月以内のものですか?



宅建業免許更新について>>>




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com



【ご相談はお気軽に】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒事をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">






























  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 23:39Comments(0)宅建業免許