2018年11月07日

【宅建業免許】専任の取引士の常勤性を証明する方法

会社を作って、不動産業を始めたいって人・・・多いなあ~

ボクとしては嬉しいんですけどね。



宅建業新規申請で問題になるのが、専任の宅建取引士の常勤性。

健康保険、雇用保険加入が、当然ながら常勤性の証明になるので

だいたい「新規適用届」を添付して、証明します。

会社で社員を雇ったら、届出の手続きをするのが原則です。

宅建業の手引きにも社保のコピー云々と書いてあります。



しかし、

原則があれば、例外があって・・・

どうしても社保に入れない?理由があったとしたら・・・



「申立書」を提出するという方法があります。

この取引士は、完全歩合制なので・・・・

住民税の特別徴収ができるようになったら、ちゃんとします・・・

でも、この取引士はうちの専任の取引士に間違いありません・・・

みたいな。

申立書+国保コピー+住民税の課税証明書の3点でクリアはできます。




こういった方法がありますが・・

ただ、ボクは絶対にオススメはしません。



専取を絶対に社員にしないとダメですか?とか聞かれますが・・・

社員にしてください!と必ず答えます。



不動産業開業サポート大阪>>>





↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → https://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成



【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">

















  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 19:03Comments(0)宅建業免許