2018年07月12日

電子申請の準備をいよいよしますか

電子申請ができるようになると

会社設立などで印紙代が不要になるので、4万円がカットできます。



最近、会社設立から許認可までの依頼が増えてきたので、

いよいよ電子申請に対応しないとまずいかな~って思っています。



印紙代として見積もりにも記載していましたが、

とうとう・・・笑。気づかれてしまった!ってところが本音だけどね。



今ある案件は、チームの電子申請対応の司法書士に丸投げし、

許認可の手続きをする段取り。



電子申請すれな、依頼者にも、こちらにもメリットがありますからね。

まあ、導入費用の数万円は、すぐ回収できるか~



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">








  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 20:23Comments(0)ブログ

2018年07月12日

家賃減額請求の依頼

家賃・・・高いですよね~

賃貸住宅の家賃を下げて欲しいなあ~って思っているなら

そんなことも行政書士はやらせてもらいます。



家賃の減額(増額)については、借地借家法32条で認められていることで、

請求ができます。


ただ、第一に貸主と借り主の相談(口頭)が一番最初ですが、

忙しい・・・煩わしい・・・って理由でのびのびにしてしまっていることって

多くないですか?



行政書士は、いわゆる交渉はできないとなっていますが、

近隣の家賃相場からみて、家賃下げて欲しいって場合は、

内容証明などによって、書面作成代理人として請求できます。



言ってみるもんだなってこと、世の中には意外とあるんですよね。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">








  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 13:21Comments(0)ブログ