2018年07月02日

代表者が海外在住の場合、宅建業免許をとるには・・・

不動産業を開業したい海外在住の方。


宅建業免許申請には、

代表者や役員などの身分証明書と登記されていないことの証明が

必要ですが・・・取れませんよね。



代わりに「誓約書」と「パスポート」が必要になります。

(略歴書も必要ですが)



当然、常駐できないので、政令使用人も立ててくださいね~


不動産業開業サポート大阪>>>





↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)


【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム



スポンサーリンク



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5185336402203607"
data-ad-slot="5115516976">





















  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 12:59Comments(0)ブログ