2018年04月27日

GWはどうなの?

世間の方は明日からGWですか?

・・・・


許認可を専門にしていると、役所は休み。

せっかく、成約した案件の入金はずれる。


銀行を介さない入金方法(クレジット決済とか・・・)

も構築したほうが良いのかな?

なんて・・・思ったりするきっかけを作ってくれる・・・GWめ。


ありがとう~


ボクには、休みはありません。

休みたい時に休んでいますから~~なんてね。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム









  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 19:02Comments(0)ブログ

2018年04月26日

【不動産業】どうせなら初期費用は安いほうが良い

宅建業(不動産業)は、知事の宅建業免許取得だけでは

営業を開始することはできません。

「営業保証金の供託」もしくは「保証協会への加入」を完了して、

知事から免許証の交付を受けてはじめて営業が開始できます。




保証協会入会のメリットは、

営業保証金(本店1,000万円・支店1店舗につき500万円)が免除され、

弁済業務保証金分担金として本店60万円・支店1店舗につき30万円と

入会諸費用を納めることで、開業時の負担を大幅に軽減することができること。




ただし、

実際の入会に要する総費用は、入会諸費用等が必要になりますので、

(入会月にもよりますが)ざっと150~160万円が必要となりますが、

供託金1,000万円と比較すれば、大幅な初期費用削減になります。



通常は「宅建業免許申請してから、協会加入をする」ものと、

考えがちですが、協会加入審査にも日数がかかりますので、

営業開始がそれだけ遅れてしまいます。



当事務所は、宅建業に精通しており、

協会との事前相談をしつつ、宅建業免許申請と同時に

申請書控(受付印押印)をもとに、同時に協会加入申請手続きを

スタートしますので、大幅に時間短縮ができます。



また、全日本不動産協会(全日)加入のメリットは、

全宅のように「既存会員の推薦」が現状は不要という点も挙げられます。



当事務所の「宅建業免許申請と協会加入申請のサービスセット」も

好評を頂いていますが、今回の全日加入キャンペーンは、

ご依頼者様にとっては、さらにお得感があるのではないでしょうか?



保証協会【全宅と全日】の比較について>>>




★宅建業免許取得代行(大阪府)+全日本不動産協会加入申請代行(全日)
キャンペーン!!!


100,000円が →  70,000円(税別)で!



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム










  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 15:15Comments(0)許認可

2018年04月26日

興信所・探偵業開業に付き物の・・・

「探偵」のイメージってありますか?


シャーロック・ホームズ?ポワロ?金田一耕助?工藤ちゃん?

そういえば、松田優作の息子が結婚・・・まあ、いいですけど。




現実の現代の探偵と言えば興信所や探偵社の調査員ですよね~。


依頼で一番多いのは・・・・やっぱり浮気調査のようです。


尾行や張り込みなどの地道な調査によって、浮気の証拠を押さえたり、

浮気相手の連絡先を調べたりすることになります。



かつては女性からの依頼がほとんどでしたが、

女性の社会進出が進んだ影響かしら?

男性からの依頼も増えているみたいですね。



調査に関しても

ただ調査をして報告するだけでなく、

証拠をもとに裁判に持ち込むようなケースもあったりするようです。



依頼される際には、どのような調査・証拠を希望するのか、

どのような問題があって、どんな解決を望んでいるのか、

依頼者と目的をきちんと相談した上で

調査の依頼を受けることが大切になってきます。



探偵業の開業届自体は、結構ご自分でされる方が多いのですが、

調査依頼を受ける際には、依頼者と探偵社と

「法定書類」のやりとりが必要になってきます。



ただ、この部分に関しては、やっぱり法的にも専門的な書類を

自分で作成できないので、お願いしたいっていう相談があります。



興信所・探偵業の「法定書類」だけでも当事務所は提供(有料)していますので、

どうぞ、ご利用くださいませ。



探偵業法定書類を今スグ入手したい>>>



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム









  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 13:56Comments(0)許認可

2018年04月25日

行政書士の時給はいくら?

初回相談60分で5,000円・・・とか

行政書士さんのサイトを見ると、そのくらいが多いのかな~?



だって、弁護士への相談がたいてい30分5,000円が相場なんで

ちょっと引き下げているのかな~って。


でも、許認可申請を新規でお手伝いして、

(もちろん、業種によって大変なケースも多いですが・・・

時給いくらなんて言ってられない・・・みたいな)

更新手続きだとか、変更届の手続きなどは

クライアントさんのこちらへの満足度・信頼度が高ければ

電話1本、メール1通でウン万円の報酬が発生しますよね。



だから、今回は時給1万円とか時給3万円とかもありうるわけです。

まあ、時給換算する意味はあまりないですけど。




クライアントからの信頼を得ることがほんまもんの士業の仕事

とも言えますよね。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム







  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 17:00Comments(0)ブログ

2018年04月25日

離婚年金分割は2種類ある

離婚をするときに将来の年金を分けられるという制度が年金分割です。


この年金分割には「合意分割」と「3号分割」の2種類があります。


「合意分割」は・・・

専業主婦でも、共働きでも、結婚期間全てを対象に、

50%(増える側は合計の50%が上限)を上限に

分割割合を決められるものです。



「3号分割」は・・・・

専業主婦(第3号被保険者)が、2008年4月以降の結婚期間を

対象に配偶者の厚生年金を一律50%の分割が認められるものです。



特によく理解されていなくて誤解がある部分が・・・

合意分割も3号分割も、

・厚生年金のみが対象になって、基礎年金や企業年金は対象外。

・離婚後2年以内に請求しないと請求できなくなる期限つき。

・年金ですから、実際にもらえるのは自分が年金の受給年齢になってから。



基本的なところを押さえておきましょう~将来のために?エツ??




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム














  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 14:33Comments(0)離婚