2018年02月06日

産廃収集運搬業でチェックされること

大阪府の産業廃棄物収集運搬業許可申請で

申請書、書類でチェックされる点を挙げてみました。



1.廃棄物と容器などの整合性

2.車検証の有効期間、禁止項目はないか?

3.車両の二重登録はないか?(役所がその場でチェックします)

4.定款の原本証明はあるか?

5.住民票(本籍入り)、登記されていないことの証明書の有効期間

6.履歴事項全部証明書、納税証明書の有効期間

7.車両写真でキャリーなどが付いていない方が好ましい。

 (運転席に人が乗っていても大丈夫です笑)

 (結構、他の車が写っていても該当車両がキチンと撮影されていればOK)

8.車両写真は一部が切れていないように全部入れる

9.決算書の赤字はちょっと注意。債務超過だと別途書類が必要になる

10.政令使用人は、肩書は関係なく(産業廃棄物の責任者)と記入する

11.事業所、駐車場の地図は、グーグルでいける。


最後に、審査は60日ですが、許可が下りたら、

許可証を取りに来るか?着払いの郵送がいいか?聞かれます。



こんな感じでしょうか?

ご参考にどうぞ!


大阪府産廃業申請代行センター>>>




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム





  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 14:36Comments(0)許認可

2018年02月05日

大阪府の産廃収集運搬業申請受理されました

今日、咲洲庁舎へ行きました。

産業廃棄物収集運搬業の新規申請のためです。



担当者と冗談を言いながら、最初が順調に運びましたが・・・

じゃあ、これで回しますね~・・・からちょっと、長かった~



と、言うのも、問題があったわけではなくて

依頼者さんの運搬車両の数が多かったから(30台以上)・・・みたい。



待っている間に、相続に関する依頼の電話があったりして・・・

まあ、それは依頼も「決まったんですけどね。



やっとこさ、申請受理のハンコをもらって、(これが大事大事)

すぐに依頼会社の担当者さんに電話したのは当然ですね。


「今、大阪府に受理されました。審査は60日ですが、私が許可証を

受け取るようにしましたので、また、ご連絡しますね」って。

依頼担当者さんもホッとした感じ^

良かったです。



また、待っている間に、両隣のカウンターでの話も自然に耳に入ってきます。

勉強になりますよ。だって、ナマの声だからね!




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム




  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 20:52Comments(0)許認可

2018年02月03日

車庫証明が楽に

あるクルマ関連の事業所で

社内セミナーをやってくれないみたいな話があって、

あらためて「車庫証明」の書士会の研修会に参加しました。


ストーリー展開とポイントを纏めたかったからです。


その中で、

この「委任状」に印鑑さえもらっておけば、






「自動車保管場所証明申請書」には、依頼者の印鑑なしで、

行政書士が申請代理人として記入もでき、書き間違いをしても

行政書士の職印で訂正できます。



遠方の依頼者、ディーラーさんからの依頼でも

訂正印を再度もらわなくていいわけです。

いいでしょ。でも、プロがまちがえちゃいけませんけどね~



大阪車庫証明提出受取サービス>>>



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム














  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 13:12Comments(0)許認可