2018年01月15日

許可業種の審査期間は意外に長いのです

お役所で許認可を受けるには、申請書類を提出し、

補正なども完了し、正式に申請書類が受理されてから審査が

始まります。



審査期間は、一般の方には意外に長く感じるはずです。

大量の申請書類を事業所確認や欠格事由の確認なども

されるので、仕方がないですね。



申請書類が受理されれば、受付印が押された副本を依頼者に

納品させていただいていますが、・・・

やっぱり許可がいつおりるのかは気になるところでしょう。



主な許可業種の審査期間をみてみると、概ね下記のとおりです。


◆建設業  知事許可 30日、大臣許可 120日

◆宅建業  知事許可 5週間(大阪)、大臣許可 さらに3~4週間

◆産業廃棄物収集運搬業(積替・保管なし)

      知事許可 60日(大阪)、近畿他府県 概ね2ヶ月

◆運送業  一般貨物・貸切バス  3~4ヶ月

◆古物商  40日



標準審査期間は、当然、申請書類が正式に受理されてからの期間です。

事前段階として、ヒヤリングや証明書取得、申請書類作成にも

時間はかかりますが、プロに任せれば、ご自身で取り組むより

時間短縮はできますよね。




当事務所では、許可が下りるまで首を長~くしている依頼者さんに、

提出してそれっきりみたいなことはなく、間々に、許可取得後の手続きのことや

営業準備などについての相談など、アクションを起こさせていただいていますので

安心してもらえるはずです~。





↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com





★行政書士開業革命★サムライ・サクセス・プログラム























  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 10:29Comments(0)許認可