2017年11月23日

勤労感謝の日に副業について考える・・・

働き方改革の一環から「副業解禁」が話題になっていますね。


副業のメリットとしては、厚労省によれば、

① 離職せずとも別の仕事に就くことが可能となり、
 労働者が主体的にキャリアを形成することができる

② 本業の安定した所得を生かして、自分がやりたいことに挑戦でき、
 自己実現を追求することができる

③ 所得が増加する

④ 働きながら、将来の起業・転職に向けた準備ができる


企業側のメリットとしても、

① 労働者が社内では得られない知識・スキルを獲得することができる

② 優秀な人材の獲得・流出の防止ができ、競争力が向上する

③ 労働者が社外から新たな知識・情報や人脈を入れることで、事業機会拡大につながる


ホンマか????


労働者側のデメリットとして、副業をすることによって、

就業時間が長くなる可能性がありますよね。

労働者自身による健康の管理がより一層必要になってきます。

もし、体を壊してしまったら、その保証はどこが面倒見るのかとか

国の医療費圧縮と矛盾する問題にも関わってきますよね。



また、健康の問題だけでなく、本業の会社との関係で

職務専念義務、秘密保持義務、競業避止義務違反などのトラブルの危険性はないでしょうか?



一方、企業側のデメリットも、労働者の就業時間の把握・管理や健康管理への対応、

労働者の職務専念義務、秘密保持義務、競業避止義務をどう確保するのって?



また、労働基準法の残業通算規定の問題があります。

労働基準法第38条では「労働時間は、事業場を異にする場合においても、

労働時間に関する規定の適用については通算する。」と規定されています。


副業で勤務した場合、どこの会社が残業代を出すの?って問題が発生しそうです。

ただでさえ、マスコミも裁判例でも長時間残業の問題がクローズアップされているのですから。



さあ、あなたは「副業」をどう考えますか?



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com














  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 09:48Comments(0)ブログ