2017年11月15日

シェアリングエコノミーから発想したら・・

Airbnb(エアビーアンドビー)などのように一般住宅に旅行者らを有料で泊める、

いわゆる「民泊」が話題になっています。

でも、従来型の民宿経営者たちからは睨まれ、旅館業法違反で摘発されるケースも

あり問題も多いですよね。それでも、政府は営業日数を制限した上で民泊を全面的に

解禁する方針を示しました。



他にもUberといった米国発の新しい人の移動手段サービスが日本に上陸したり、

カーシェアリングや駐車場シェアリング、会議室シェアリングなど、

シェアリングビジネスがますます浸透くるんだろうな~と感じています。



ところで、以前から存在している「レンタカー」ビジネス。

自家用自動車を有償で貸渡す事業ですが・・・

大手の会社がやっているイメージがありますが、極論すれば、誰でもできます。



レンタカー事業を始めるには、国土交通大臣の許可を受ける必要がありますが、

基本的には、法人でも個人でも始めることができるんです。


法人の場合、定款の目的に明示しておく必要がありますが、

もし、会社や個人でも遊んでいるクルマがあれば、レンタカー事業の許可をとれば、

収入が見込めるようになります。



でも、条件はいろいろありますけどね。


レンタカー事業許可申請(自家用自動車有償貸渡許可申請)について>>>



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://pro-gyosei.com

【法人の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・宅建業・運送業・産廃業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・有限責任事業組合)
◆融資サポート

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆遺産分割協議書作成
◆離婚協議書作成 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かると好評です】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せはお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com











  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 17:30Comments(0)許認可