2017年10月04日

建設業許可更新の補正資料が必要?!

忘備録的に書いておきますね。


建設業許可更新書類に「健康保険等の加入状況」があります。

ただ、小規模な会社などでは、家族だけだからという理由で

健康保険などに加入していないこともあります。



許可申請者が社長だと、社長の「常勤性」を確認する資料が必要に

なりますが・・・健保に加入していれば、本人と会社の証明でいけます。


では、加入していない場合は、

① 「市・府民税の特別徴収への切替届出(役所の受付印あり)」と

  直近3ヶ月の「賃金台帳」を提示しなければいけません。


  ※但し、大阪府の場合、この時社長の給料が10万円以上ならいいのですが、

  10万円未満だと、もう一丁資料が必要になります。


② ①の資料に加え、

  「所得税の確定申告書〈別表1〉」と

  「⑭の役員報酬手当等及び人件費の内訳書」を提示します。

  さらに、会社が3月決算なら

  社長個人の直近2年分の「市府民税 課税証明書」も提示して

  給料の金額が間違いないかをチェックされます。



どや、参ったか!

きちんと、健保に加入してくれていれば、むしろラッキーなのです。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 











  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 15:17Comments(0)建設業許可

2017年10月04日

新人はカッコつけないほうがいい?

新日本法規出版という会社があります。

よく弁護士を主役にしたサスペンス・ドラマで弁護士事務所に

さり気なく置いてあるあの辞典のような書物をみることはないでしょうか?


あれを出版している会社です。

事務所にあれがあるだけで、ちょっとしたステータスのように感じます。







新人行政書士さんに、あの辞典?を購入しませんかと

電話でアポが入ります。見本を見るだけでもいかがですかと・・・




もし、本当に気に入ったら問題ないですが、

法律ですから、改正なり、修正があれば、差し替え版が送付されます。

それはそれでちゃんとしたことなので良いことです。



ふと気がつくと・・・最初の新規応援割引きをあっという間に越えるくらい

差し替え版が送られてきます。おいおい・・・丁寧だね~

なんて言ってられないくらい送られてきます。



すばらしい商売をお考えになりましたね~と感心していると・・・

実は、この分野はいらないな~って思う前に差し替えがじゃんじゃん・・・

その差し替え版の料金で他に勉強したい書籍や学習ができます。

はっきり言って差し替え版の価格が高い。少なくと新人にとっては。




悪口を言っているのではないです。

ボクも法学部出身ですから専門書はそれなりの価格がするのは

知っています。


「法律ですから新しい情報の差し替え版が送られてくる」までの説明は

あります。でも、いくらとは聞いていません。

悪く言えば、あえて言わないのかな~???



初回の目先の割引き価格に乗って、まだ専門分野が決まっていないうちに

あれもこれもと頼まないほうが良いような気がします。

別に営業妨害のつもりではないのであしからず。



もし、良さそうだなって思っても、最初は1~2冊程度に

しておいたほうが良いのではと思っただけですので・・・ね。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 















  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)ブログ新人行政書士