2017年08月27日

質屋アプリCASHって大丈夫?

質屋?貸金?古物?に 職業柄反応してしまいます。







話題のCASHのサービスとは?

簡単に言うと、目の前の不用品を写メで撮って送るだけで、

その日のうちに現金が振り込まれるサービスです。

そんなことがあるって思いますよね~




質屋のビジネスモデルを今風にアレンジした感じでしょうか。


それに、そもそも審査がありません。

現物を見ないで「融資」しちゃうってところが驚きです。


しかも最大2万円までの金額が振り込まれるんですよ!




流れとしては

① 不用品の写メを撮り、アプリへ送る。

②午後3時までの取引であれば当日に口座振り込みが完了。

③2週間以内に「写メの商品を郵送する」か「振り込まれた金額+手数料」を返金する。


です。登録は電話番号のみ。


現金だけもらって、商品を送らないと電話番号がブラックリストにのって

二度と今後取引ができなくなりますが。



代金を受け取ったあと、やっぱり商品を手元に残したければ、

代金と返金手数料(査定額の15%)をあわせて支払う必要があります。



一見、「質屋」のようなサービスのように思えますが、

運営会社側はあくまで「売買契約」として「古物営業許可」だけを受けて運営しています。

が、ネット上で、このサービスは「法的に問題ではないか」という指摘が

多数あがっているんです。



これは、規約上「売買契約」となっていますが、実質的に「貸金」であり、

貸金業規制法や、質屋営業法の取締法規の適用を免れないと思われます。



「貸金業」の登録をしていなければ、「貸金業法」違反の可能性もあります。

もし、「利息」をとっているということになれば、「出資法」の問題にもなってきます。

「2カ月以内に15%」が利息であれば、年利に直せば90%です。



質屋営業法の「質」は、占有の移転なしには成立しません。

このcashは、法的にいえば、物の譲渡を受けながら、占有を移さない譲渡担保と

いうことになります。

そのため、質をとっていない以上、質屋営業をしているとはいえず、

担保の付いた単なる「貸金」があるにすぎません。



運営会社の資金の問題などもあり、かなりグレーではないでしょうか?知らんけど。


興味があれば ⇒ こちら




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 








  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)ブログ

2017年08月26日

こんなのあった!?建築・塗装・リフォーム業者専用簡単ホームページ作成サービス

中小の建設関係の会社さんは、ホームページを持っているでしょうか?

かりにホームページを持っていても十分活用しているでしょうか?



今の時代、どんな業界でもホームページがあるかないかで信用力を見られてしまいます。

建設業で、しかも中小規模の会社は、

「ホームページみたいなメンドクサイものは必要ない。腕や!」と

おっしゃるかもしれませんよね。




でも、本音は、あった方がいいと思っていませんか?

もっと、我が社のことをたくさんの人に(見込み客や他の業者)にも

知ってもらいたいんじゃないでしょうか?







しかし、いざホームぺージを作るとなると、費用は?手間は?・・・・

そしてまた思考停止。



安心してください。こんなサービスがあります。

考えられない程、費用も手間もかからない

「建設関係業者さんに特化したHP作成サービス」を紹介します。



  ↓  ↓  ↓


建築・塗装・リフォーム業者用ホームページ作成サービス
かんたん作成・らくらく更新 『らくペジ』





たとえば、足場専門の施工会社さんの事例・・・

足場の施工が完了したら写真を撮りデータとして保存しています。

この写真を使ってパンフレットや施工写真を作成したいのですが、時間や費用の関係で

なかなか作ることが出来ませんでした。

らくペジはホーム―ページに掲載した写真とデータで、

名刺やパンフレットまで自動作成できるので非常に便利です!

いまでは、らくペジで印刷物を作るのが楽しくなってきました!・・・・・



無料お試し体験もできますし、あんなこともこんなことも簡単にできてしまいます。

詳しくはお尋ねください。

このサービスは、きっと役に立ちます!!

建築・塗装・リフォーム業者用ホームページ作成サービス 
かんたん作成・らくらく更新 『らくペジ』




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 










  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 16:41Comments(0)ブログ

2017年08月24日

ペットタクシーの始め方って知ってる?


この前、三宮のペットショップのワンちゃん、猫ちゃん・・・可愛かったなあ~


こんな子たち・・・





さて、ペット周りのビジネスもいろいろあります。

ペットショップ、トリマー、ペットホテル、ペット服、もちろんペット病院。



最近のペットビジネスの中でも新しいものとして、ペットタクシーがあります。

ペットタクシーの開業の仕方をザックリとお話しましょう。



「ペットタクシー」には2種類の開業方法があります。


①一般的なタクシーのようにお客様を乗せ、ペットも一緒に乗れる

②飼い主さんは乗せずに、ペットだけを預かり目的地まで運ぶ



①のように飼い主さんも一緒に乗れるタクシーにしたい場合には、

個人タクシーとしての許可が必要になり、許可を取得するためには

様々な厳しいハードルや試験があり、

申請してから許可がおりるまでとても長い時間がかかります。



新たに個人で開業する場合には②のタイプで開業することがおすすめです。




法律ではペットは全て「物」として扱われています。

そのため、タクシーに乗ることができる対象を「ペットのみ」に絞ることで、

「貨物運送業」としてペットを預かり飼い主さんのご希望の場所まで

連れていくことができます。


つまり宅配便と同じような考えです。



また「貨物運送業」にも


・一般貨物自動車運送業

・貨物軽自動車運送業

・特定貨物自動車運送業



というように3種類に分かれるのですが、

「一般貨物自動車運送業」は自動車のサイズが大きく、一度にたくさんのものを

運ぶことができるメリットがありますが、申請手続きは大変だし、

車を5台以上準備する必要があります。



ペットを目的地へ連れていくため、一度にたくさんのペットを運ぶことは

多分おそらくありませんから「一般貨物自動車運送業」は

ペットタクシーには向いていないでしょう。わかっとるわ?ですね。




「ペットタクシー」には2番めの「貨物軽自動車運送業」が一番適していると思います。


これは4ナンバーの軽自動車を使用してペットを運ぶことができる許可で、

申請内容に問題がなければ申請から30日ほどで営業を開始することができます。



ペットサロンやペットホテルなどで送迎料金を取りペットの移動をしている

事業者がいますが、この場合にも「貨物運送業」の許可を取得する必要があります。



また、大事なペットを預かりますから、きちんと「寄託契約書」や「利用規約書」などの

整備もしっかりとすることで、様々なトラブルを予防する必要がありますね。



運送業開業ページ>>>



そういえば、「ペットタクシー」のコミックもあるんですね~







  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 09:06Comments(0)許認可

2017年08月22日

遺言書作成 のチェックは8つ


遺言書は、誰に何を相続させるかを書くのですが、

ただ、それだけでは片手落ちです。



少し気を遣った遺言書を作成しておけば大丈夫です。

そのチェックポイントが8つあります。







1.まず、自筆証書遺言は「本当に本人が書き残したものなのか」と

 疑われることがあります。信憑性を高める“証拠”を付けましょう。


2.相続させるつもりの相手が自分よりも先に死亡した場合(逆縁)、

 誰にどれだけ遺産を残すかを考えておきましょう。


3.遺言内容を実行する手続き(遺言の執行)は、誰に任せるのか?

 あらかじめ遺言執行者を決めて、遺言で指定しておきましょう。


4.付言事項をオススメしていますが、特定の家族への不平不満など

 遺言を見た人の感情を逆なでするようなことは書かないようにしましょう。


5.相続人の遺留分を侵害している遺言内容の場合、

 遺留分減殺請求の対象から外したい財産があれば、

 遺言書に明記しておきましょう。


6.自分が死亡するまで遺言書を安全に保管し、死後速やかに遺言の執行を

 行ってくれる人に、遺言書を託しておきましょう。


7.遺言作成時から財産や人(推定相続人)の状況が変化したり、

 自分の気持ちが変わったりしたら、遺言書を新たに書き直しましょう。


8.自筆証書遺言を作成した後、「内容はこれでいい」「変化も起きそうにない」

 と思えたら、公正証書遺言に作成しなおしましょう。






漏れのない遺言書の注意点はこんなところでしょうか。

遺言書を書く時に、意識してみてくださいね。



遺言相続についてのサイト>>>




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 






  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)遺言・相続

2017年08月21日

運送業許可に必要な5つの要件 その5




運送業許可取得の要件は大きく分けて5つ。

その要件は・・・・?


1.人

2.事務所(営業所)・休憩室

3.駐車場

4.車両

5.資金


の5つです。


今日は、最後の5.資金です。


運送業を開始するための資金を確保している証明として、

申請者名義の銀行口座に預貯金があることを証明できること

(具体的には「残高証明書」で証明します)が要件です。








【自己資金証明方法及び必要資金額について】

自己資金とは申請直前の預金残高証明書に記載された額となります。

○ 自己資金(預金残高証明書記載の額) >必要資金額(①設備・車両費用+②運転資金)

 ① 設備・車両費用

  車両費、土地及び建物費、什器や備品費などを合算した金額を算出します。
  尚、リースや賃貸借の場合には6カ月分を算入することで足ります。

 ② 運転資金

  2か月分の人件費、法定福利費、燃料費費、その他諸経費や各種税金や

  保険費用の年額を合算した金額を算出します。




ざっくりいうと・・・・

運送業を開始するのに必要な資金は、役員報酬・従業員給料の2ヵ月分や、

事務所・駐車場の賃料の6ヵ月分などの諸経費の合計額です。



必用な資金の額は、おおよそ600万円から1,200万円程です。

金額の開きは車両購入額や事務所(営業所)・駐車場の賃料などが変わるからです。



資金の要件は運送業許可の要件の中で、最も大切なものです。

他の要件がすべて揃っていても、資金が確保できなければ申請受付ができないからです。



この自己資金は、

一般貨物自動車運送事業許可申請日以降~許可日までの間、常時確保されていること

要件となりますので、審査途中で自己資金が目減りしていると

申請取下げとなることがあります。



>>>運送業許可申請.comはこちら



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 





  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)許認可