2017年07月23日

古物商許可を取得してから6月以上、営業しないと取消しになる?

古物商許可を取得してから6月以上、営業を行わないと許可を取り消されると

心配される方がいますが、そもそも古物商の許可を必要としない人には

許可しないということです。



ただし、6か月で自動的に取消されるわけではありません。

商売の実態が無いなら、取消しますよ、という確認がされる場合がある、という事です。



取り消されないためには(変なはなしですが・・・)

古物商は標識や看板を営業所に正しく掲示し、古物台帳などの必要な書類を営業所に

備え付けて、営業所の管理者が常駐していなければ営業できません。



警察の立ち入りがあったときに、営業所に標識も掲示していない、

古物台帳も備え付けていない、管理者も常駐していないという状態であれば、

営業実態がないと判断されると考えられます。





実際の運用は、各地域の警察で異なります。


もし、取消されても、再取得は容易なので、必要ならまた、申請すればいいだけですけど。



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00Comments(0)古物商