2017年03月05日

建設業許可の業種追加

建設業許可の種類は大きく12種類に分けられます。


どういうことかというと


まず、知事許可大臣許可

次に知事許可が一般特定かにわかれます。

そして、一般が新規か、更新か、業種追加かにわかれます。

同様に、特定が新規・更新・業種追加にわかれますので、

知事許可のグループで6種類になりますね。



これが、大臣許可でも同じように6種類ありますから

合計で、12種類になります。


なんとなく、わかりますか?




業種追加とは、例えば

「一般」で大工工事業で許可を受けているときに、さらに「一般」で左官工事業の

許可を受ける場合などに必要な許可です。



間違えがちなのが、例えば、「一般」で内装仕上工事業で許可を受けていて、

さらに、「特定」で防水工事業の許可を受けようとする場合などは、

業種追加ではなく、「新規(般・特新規)」の許可となります。



申請書類の書き方など、違ってきますので、プロに任せたほうが無難で

ですよね。



⇒ 建設業許可の申請区分




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 18:18Comments(0)建設業許可