2017年03月01日

大抵の仕事には許認可が必要です


街をふらふら歩いていて見かける職業・仕事の多くは、

国や自治体の何らかの許認可が必要です。



たとえば、

衛生面での許可が必要な仕事でいえば

レストラン、ラーメン屋、居酒屋、喫茶店など・・・ですし、



許可が必要な代表的な業種は、建設業、運送業。


犯罪予防のために、性風俗営業(ファッションヘルス)などは届出制。



創業・開業自体の許認可とは別に営業の過程で許認可が必要なものもあります。

特定のものを製造する製造業や危険物を保管するとか、

食品や動物を輸入するときには、検疫・動物保護の点から許可が要求されます。





あらゆる仕事・業種、あらゆる行為で、法律上の許認可が必要とされるので、

独立開業を目指すときは注意が必要ですね。

創業融資を金融機関に依頼するときにも、こういった許認可がなかったり、

遅れたりしたら、融資を受けることもできません。



そんな細かいチェックをもれなく、楽にしてくれる専門家が行政書士なんです。

お忘れなく!




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村






  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 11:22Comments(0)