2017年01月31日

営業は悪ではありません。

行政書士など、先生業の方は一般に営業が苦手のようです。


営業=売り込み=悪いこと

こんなイメージなんでしょうか?

抵抗があるのかなあ~



営業は、欲しい商品や必要なサービスを提供する仕事です。

どれだけ素晴らしい商品などを作ったとしても、

それを必要としている人に教えてあげて、目の前においてあげ、

使ってもらう、買ってもらわなければ何の価値もありません。



うちの商品、製品は世界一良いものだから、黙っていても売れる!

買わないのはお客が悪い!



そんなふうに考えている方も多いんじゃないでしょうか。

違います。



究極の営業は、欲しい人の目の前にそれを置いてあげること。

買う買わないは、問題じゃない。

やたらめったらの売り込みは、本来の営業ではないです。



でも、言うは易しで、なかなか難しい。

だから、面白い。




  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 09:18Comments(0)ブログ