2014年06月04日

ダイレクト型と代理店型の自動車保険 その2

こんばんは、ツナギスト木下です。



自動車保険の申込経路は2通り。

ダイレクト型と代理店型







ダイレクト型自動車保険の最大のメリットは

保険料の安さですが・・

では、代理店型は・・



代理店型のメリット・・・


代理店にも様々あり、

販売店や整備工場などが兼営している「兼業代理店」と、

いわゆる「プロ代理店」の2種類に分かれますね。



プロ代理店は自動車保険だけでなく、

損害保険を全般扱っているので、保険の一元管理をしてもらえることもメリットです。


また、保険会社とユーザーのパイプ役になってくれるので、

初心者にとっては安心して任せることができます。←これ結構大事なんです。


何を隠そう~以前、某火災保険の中核プロ代理店をやってましたので・・・




● きめ細かいサービスが受けられる


自動車保険に関してきめ細かなサポートが受けられます。

保険は難しいところことも多いので、電話などより

対面でやりとりをしたほうが、理解しやすい面があります。



● 事故後の対応を援助してくれる


事故の処理は大変ですが、代理店の力を借りれば

スムーズに済ませることができます。

契約者側に有利に、迅速に、かつ円満に解決されるよう、

努力をしてくれます。



● 安心・情報収集


長く付き合うことによって信頼関係ができ安心感が得られる。

保険の情報収集にも役立つでしょう。






ただし、ダイレクト型より一般に保険料が高くなります。

そして、当然、代理店にも良し悪しがありますから、

優秀で親切な代理店に出会うことができれば良いですが、

頼りがいのない代理店も中にはあります。




正直言って、自動車保険の「補償内容」や「商品(サービス)」には大きな違いは見当たりません。

それよりも何かあったとき、困った時の自動車保険ですから

「対応力」が自動車保険選びのキーワードになるでしょう。


見極めるのも難しいですが・・・




オフィシャルサイトはこちら


  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 23:52Comments(0)ブログ

2014年06月03日

ダイレクト型と代理店型の自動車保険 その1

こんにちは、ツナギスト木下です。



さて、自動車保険の申込方法は2通りありますね。

ダイレクト型と代理店型








ダイレクト型のメリットといえば・・・


ダイレクト型自動車保険は今やテレビCMや新聞広告でも

よ~く目にしますので理解している人も多いでしょう。

最大のメリットは保険料の安さです。

ダイレクト型自動車保険は、営業担当者を介さずに、

コールセンターやインターネットなどを通じて、

消費者に直接保険を販売するのでコスト・ダウンできます。





インターネットを使えば、時間や場所も気にすることなく

好きなときに保険加入の手続きができますので、

急いでいる人や忙しい人にとっては非常に便利です。







ただし、インターネットを利用して

ダイレクト型自動車保険に加入する場合には、

消費者が自力でウェブサイト上の情報を理解した上で、

自己責任で手続きを行うことが求められます。



つまり、今まで代理店に全てお任せにしていた人には

少しハードルが高いかもしれません。




オフィシャルサイトはこちら


  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 16:56Comments(0)ブログ

2014年06月02日

社用車の経費もバカにならない・・ではどうする?

こんにちは、ツナギストです。


毎日暑いですね~。

急に暑くなるとまだ体が暑さについていけないので

熱中症になる可能性が大きくなります。

こまめに水分補給をして気をつけましょうね。




さて、法人(個人事業主)では、クルマ(社有車)を

利用していることが多いと思います。



そのクルマは、買取ですか?

カーリースを使うと維持費も煩雑な事務手続きも

かなり削減できます。



しかも、中古車をワンプライスでリースしているのが

オリックス自動車です。



オリックス自動車は、実は日本で一番自動車を購入している会社で、

オリックスレンタカー、ジャパンレンタカー、エックスレンタカーの

3 つのレンタカー会社を運営し、かつ企業様向けのカーリースも

多数扱っています。



この大量購入のメリットとグループの中古車を

U-carリースとして格安、ワンプライスで提供しています。


↓ ワンプライス中古車リースの詳細はコチラ~






具体的にお知りになりたい場合は、ツナギストまでお気軽に!



オフィシャルサイトはこちら





  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 16:55Comments(0)ブログ