2013年08月12日

FPによる【保険メール相談】スタート!

FPによる【保険メール相談】はこちらまで


生命保険は、人生の2大買物といわれています。

1位は住宅購入、2位が生命保険の加入です。



しかし、多くの方は、そんな感覚を持っていません。



例えば、月4万円の保険料の場合、年間で48万円、

30年間であればなんと1,440万円の買物になります。

よくあるのが、営業マンに勧められるままに契約している人が

本当に多いのです。付き合いとかで。





もう一度、ご自分にとっての保険の目的を考えて、

必要最小限の保障を保険で補い、余裕資金を老後資金や自分の生きがいに

活用することを考えましょう。




一般家庭は、光熱費上昇、消費税アップと景気回復感はありません。

家庭の固定費である保険料の節約が将来の教育資金、老後資金になります。




民間の保険(生保・損保)の本来の役割・機能を一緒に確認しませんか?

第三者(中立の立場のFP)をセカンドオピニオンに使ってください。





ご家庭の保険セカンドオピニオンとして

FPによる【保険メール相談】をご利用ください。

もちろん、メールですから遠方の方の相談もお受けできます。







ケースによっては、スカイプ対応もさせていただきます。

相談の場所も時間も気にしないで相談可能なメール相談を大いに活用してください。




このメール相談については、「保険」に限定させていただきます。

初回のメールをいただきましたら、相談の流れを連絡させていただきます。




どうぞ、時間、遠方を気になさらずお気軽にお問い合わせください。



FPによる【保険メール相談】はこちらまで


相談料は、3,150円(2回分)。  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 18:32Comments(0)ブログ

2013年08月12日

夏バテ対策は?

こんにちは~、猛暑に負けない夏バテ対策を繋ぐツナギスト木下です。


一体どういうこと?って位、猛暑ですね~。

夏だから仕方ないを通り越しています。こう暑いと夏バテが心配!

もう既に夏バテの方もいるかもしれませんね?



さて、時は江戸時代・・・

江戸時代には、暑さがピークになる昼は昼寝や行水をしてなるべく動かない。

夕方は打ち水をして風鈴で涼を感じる。玄関にはよしずを立てかけて直射日光を

避けて風を通すなんてね。





今は、なかなか江戸時代の知恵が活用できないほどの暑さが猛威をふるっています。


夏バテの原因は、自律神経の失調・水分不足・胃腸の働きの低下です。




それからすると、「夏バテ予防対策」は・・


1. しっかり食べましょう

   特にビタミン、ミネラルの補給

   ビタミンB1,B2をたくさん含む食材 豚肉・レバー・枝豆・納豆・豆腐・うなぎ・いわし




2. 水分補給

   温かい飲み物を少しずつ飲むこと。

   冷たいジュースは糖分の摂り過ぎ、冷たいビールは1.5倍の尿となって水分が

   排泄されてしまいますよ。昔は、甘酒が良いとされよく飲まれていました。




3. 冷房の効きすぎ注意

   自律神経が狂ってきます。できるだけ部屋の外と中の温度差は5度以下に

   なるような調節がいいとされています。




4. しっかり寝ること

    暑いといってエアコンの風は直接体に当てないようにしましょう。

    体の表面の熱が奪われ続けるのでかえって体を疲れさせます。

    寝る前の入浴や普段の軽い運動も自律神経の働きを順調にします。




夏バテ予防は、こんなことを意識して規則正しい生活リズムが大切です。

僕も気を付けよう~~と。




  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 15:18Comments(0)ブログ