2013年07月04日

医療保険は儲かってしかたがない?



こんにちは、蒸暑さと暑苦しい話を繋ぐツナギスト木下です。



さて、医療保険最大手のA社が医療保険で最低水準の保険料商品を

8月から販売するってさ?

保険料が下がって安くなることは消費者にとってはいいことです。



ただ、踊らされてはいけません。



日本は公的医療保険が赤字でも最高に充実しています。

医療保険の王様は公的医療保険なんです!





高額な治療を受けても毎月の自己負担は9万円前後

(月収56万円以上の人でも15万円位)



差額ベッド代やなにやらがこのくらい掛りますから、

医療保険に入りましょう~??は~?


誰もが個室や差額ベッド代を必要としていません。




入院日数の短縮化もあって保険会社は給付金の支払いが

想定以下で儲かってしょうがない。

だから、もういいって位のチラシやタレントを使ったテレビCMが

氾濫しています。誰のお金を使っているの?



そう、契約者さまですよ!


保険会社さん、もっとまともに仕事してくださいよ。



間違いだらけの保険セミナー(7月13日)の詳細はコチラ






  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 12:51Comments(0)ブログ