2017年03月13日

エキテンプロに登録すべし

あなたがランチ屋さんを探す時、居酒屋を探す時、ホテルを探す時、

こういったとき、必ずといっていいほど、PCやスマホで検索しますよね。



同様に、近くの行政書士を探す時もしかりでしょう。

そんなポータルサイトがあります。








エキテンプロは【相談者と士業】をつなぐ検索サイトです。

日本最大級の口コミサイト「エキテン」の姉妹サイトとして

2016年に開始した新しいサービスです。



弁護士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、司法書士、

行政書士、弁理士の7士業の中から

エリアやお悩みに応じた検索ができ、相談者、士業双方にメリットがあるサイトです。







事務所掲載に費用はかかりませんし、仲介手数料などもかかりません。

ファイスブックのように完全に無料の集客媒体なんですね。

しかも、エキテンプロ自体がグーグルで評価も高いので

あなたの事務所検索も短期間で上位検索される可能性が高いわけです。



ただ、これ1本で集客をするって考えではなく、

ご自分のホームページへの誘導、補完と考えるべきでしょうけどね。



開業直後ならなおさら、エキテンプロに登録しておくべきです。



相談者と士業の先生をつなぐ【エキテンプロ】









↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村








  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 10:27Comments(0)新人行政書士

2017年03月11日

行政書士登録前の営業

行政書士登録が完了して、初めて行政書士の業務ができます。

登録前には受注はできません。

当たり前のことですが、では、それまでに何もしないでボ~と待つのか?



いいえ、違います。



「行政書士登録申請中」

「事務所開業予定日」

この2つを入れた「名刺」を配りまくることです。







「開業後にはよろしくお願いします」と、たくさんの人に会い、

名刺を最低でも500枚は配りたいところです。



知り合い、先輩後輩、いきつけの喫茶店、前職、・・・

思いつく限り、それこそ名刺をばら撒くように配るのです。


名刺の裏面には、プロフィール。

当然実績はありませんから「情熱」を語るのです!




登録後からこれをやるのと、雲泥の差が生まれます。


そして、名刺を配りながら、じっくりとHPを作り込んでいきましょう。





↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 12:10Comments(0)新人行政書士

2017年03月09日

会社やめて行政書士を開業する?頭大丈夫か?

会社やめて行政書士を開業する?

お前!頭大丈夫か?


そんな経験ありませんか?

あなたの周りの人も心配してくれているんです。

ありがたく心配してもらいましょう。


だからこそ!行政書士事務所を開業しようと考えている

今のあなたに読んでもらうたい本がコレです。


  ↓ ↓ ↓







行政書士という仕事は、ある意味何でもできます。

何でもできるってことは、立派な起業家です笑



だから、この本を今読んでおくことは、自分のためにもなるし、

今後、あなたのクライアントになるであろう企業の知恵袋にもなれます。



ちょっと、内容を覗いてみると・・・

どうすれば起業して成功できるか、著者マイケルマスターソンは

レストラン、健康食品関連、フィットネス事業、キャリア開発、不動産と幅広く手掛け、

年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を

10社以上保有しています。

そんなマスターソンが行ってきた方法だからこそ、この方法は間違いありません。

Appleやマイクロソフト、マクドナルド、サッポス、ナイキなど数多くの起業が

この方法で成功してきました。




あなたに特別な才能がなければならないという古びた考えは捨てましょう。


あなたは目次を見て、どれが自分に大切かを決めてください。

そうすれば後は、「臆病者のための科学的起業術」におまかせください。

どの部分から読んでも起業について大切で、非常に本質的なことが書いてあります。




この本に書かれていることは、初めて起業に挑戦しようと思うけど、

実は起業して失敗してしまったらどうしようと不安を抱えているあなたにしかできないことです。

すでに成功していて、嫌味ったらしくあなたのことを否定してくる起業家は無視して

海にでも沈めておきましょうや。



  ↓ ↓ ↓








↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 21:16Comments(0)新人行政書士

2017年02月25日

建設業許可に関して押さえておくべき用語


その業界によって略語ちゅうものがあります。


役所の担当者や業者さんと話をするなかで

業界ならではの略語(専門用語)を押さえておくと

うん?やっぱり専門家かって思われますよね。




たとえば・・・


決算日           事業年度の終了日

審査基準日         決算日

コウレキ           工事経歴書

ケツヘン          決算変更届

完工高(かんこうだか)     完成工事高

カクシン           確定申告書  

建退協(けんたいきょう)    建設業退職金制度

中退協(ちゅうたいきょう)   中小企業退職金制度

ケイカン           経営業務の管理責任者

センギ           専任技術者

コッカントウロク        国家資格者の登録

トクチョウ          住民税特別徴収税額決定通知書

シャホ           社会保険



このくらいは、押さえてきましょう。





  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 14:18Comments(0)新人行政書士

2017年02月20日

経営者の感覚を磨くビジネス書


行政書士事務所を運営していくには

経営感覚が必要です。



それが、1人個人事務所で開業したとしても立派な事業です。

将来、従業員や補助行政書士を抱えるかもしれません。


また、仲間と行政書士法人にするかもしれません。


経営とマーケティング、事業戦略・・・


いざ、その時、そのチャンスが来てから

経営やマーケティングの勉強を始めるのでは遅いですよね。




開業したばかりは、仕事もそんなに忙しくないはず。

だったら、今のうちに勉強しておくことをオススメします。



ちなみにこんな話!こんなチャンスを紹介します。


  ↓ ↓ ↓



ふたりのビジネスマンがいました。

彼らはふたりともよく似ていて、
見た目も、収入も、仕事内容もほとんど同じ。

通勤電車のルートさえも同じでした。


でも、違いもありました。


それは、片方のビジネスマンには「稼ぐ力」がある、ということです。


なぜならそのビジネスマンは、
通勤電車の中で、あるいは空き時間を見つけては
紙や電子書籍を開いて読書をし、
新しいことをどんどん学んでいたからです。

・経営
・起業
・マーケティング

などの「専門書」を読んで勉強をしていたからです。


もう一方のビジネスマンは
通勤電車の中や空き時間で「何」をしていたか?


それは、、、


スマホのゲーム
SNS

でした。


さて、この2人の「似ている」ビジネスマン。


1年後、2年後、3年後、、、
どれだけ差が付いていると思いますか?

結果は明らかじゃありませんか??


これについて、
以前めっちゃムカつく情報が流れてきたことがあります。


とある経済界の大物とつながっている、
大手コンサル会社の裏ルートからの話…

ケータイゲームを作っている会社や関連大企業の経営層が、

「バカにはゲームやらせときゃいいんだよ」
と言っていたそうです。


彼らは日本人がゲームに時間を費やせば
費やすほど儲かるわけですが、、、


一方、日本人はどんどん馬鹿になり、
それは日本の生産性を落とすことにつながります。


大企業の経営層である彼らは、
自分たちが生きている間に「いかに儲けるか」ということが
最大の関心事のようで、、、


彼らが作って広めたケータイゲームのせいで、
日本人がどれだけアホになるか。
将来の日本がどれだけ弱くなるか。


というようなことは何も考えていません。


どうでしょうか?
ムカつきませんか?


でも確かに、

スマホが登場する前は、
もっと電車の中で本を読んでる人が多かったように思います。


今はほとんどの人がスマホをいじっていて、
もちろん電子書籍を読んでるのではなく
SNSで薄いコミュニケーションをしていたり
ゲームをやったりしています。


そんなことをしていても、
一時の時間つぶしにはなりますが、
将来のために何の役にもたちません。。。


それに、


稼ぐ力、学ぶ力、

これを身につけるためには、
しっかりと濃い本をじっくり読む必要があると思っています。


【月刊ビジネス選書】というサービスで
「本格的な分厚いビジネス書」が多いのには、そういう意味があります。


ゲームが100%悪いとか、
SNSをやるなとか、そこまで極端なことは思いません。

息抜きもたまには必要でしょうから。


ただ、
限られた時間を将来のためにどう有効に使うのか?


この月刊ビジネス選書サービスを
日本中に広めることができれば、
日本のビジネスマンにそれを考えさせるきっかけに
なるのではないでしょうか?



月刊ビジネス選書サービスの詳細はこちら


PS
月刊ビジネス選書では、
毎月その本の電子書籍が無料で配信されるので、
かさばらず、電車の中などでも読みたい時にすぐ読むことができます。


日本の起業家に最も影響力を持つ
ビジネス書クラブのベスト本が、
電子書籍で30冊無料、読み放題!
その方法は、、、

月刊ビジネス選書サービスの詳細はこちら



しかも、、、


2月26日(日)までの期間限定で
今までのベスト本の中から好きな本5冊も無料で付いてきます!


11,363名が試してる会員制ブックサービス
ぜひあなたもこの機会に試してみてはいかがでしょうか?



月刊ビジネス選書サービスの詳細はこちら


  ↑ ↑ ↑



興味があればぜひど~ぞ!













  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 17:19Comments(0)新人行政書士