2017年09月18日

遺言書の書き方


相続させる土地の表記はどう書くの?

このような質問よくあります。



土地が存在する場所は、「所在地」といいます。

住居表示と土地の所在地とは、表示が一致していない場合があります。


たとえば、同じ土地について、住居表示は◯◯市◯◯町3丁目6番35号、

所在地が◯◯市◯◯町3丁目1234番地というような例があります。



相続人間のトラブルを回避し、正確を期するためには、法務局で全部事項証明書を入手し、

「所在」として記載されている場所を、遺言書に正確に記載しましょう。


簡単に言うと、土地権利書と同じに、

所在、地番 、地目 、地積を記載します。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 







  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)遺言・相続

2017年09月09日

祭祀財産と相続の関係

祭祀財産って聞いたことありますか?

祭祀財産(さいしざいさん)とは、例えば祖先や神をまつるためのまつりごとを

取り行う場面で必要となってくるものです。

民法では、祭祀財産の種類として、「系譜」と「祭具」と「墳墓」が挙げられています。








「系譜」って何?

系譜は、先祖から子孫へと先祖代々の血縁関係のつながりが

描かれている絵図や記録のこと。

一族の系譜の典型的なものは、掛け軸や巻物として受け継がれている「家系図」などです。


「祭具」って何?

祭具は、祭祀が行われる際に使用する器具の総称。

位牌や仏像、仏壇や神棚などこれらに付属した用具などです。

お盆の時期に実家に行くと、先祖を自宅に迎えるための盆提灯が

くるくると回っていますよね。








この盆提灯も祭祀の際に用いられるため、祭具に含まれます。

ただし、建物の一部となってしまっている仏間などは祭具に含まれません。



「墳墓」って何?

墳墓は、故人の遺体や遺骨が葬られている設備のことです。

埋棺・墓碑・霊屋などや、敷地である墓地も含まれると解釈されています。



祭祀財産は基本的に1人に受け継がれるのですが、ではどうやって決めるのでしょうか?


祭祀承継者を決める方法



相続人が複数人いる場合、故人の祭祀財産を複数の相続人で分け合うとなると、

後々面倒くさいことになりますよね。

祭祀財産を分割すると、四十九日や三回忌などの法要を行う場合にも、

相続人が祭祀財産を持ち寄るような手間となってしまうので、

原則的に、1人が祭祀財産を受け継いで管理することになっています。

これは民法によって定められています。



祭祀継承者を選ぶ方法



故人によって遺言書に書かれているケースや、生前に口頭で指名があった

ケースなどはスムーズです。

しかし、指名がなかった場合には慣習が優先されます。

一族の慣習、居住地域の慣習などによって、祭祀についての取り決めは異なります。



ただ、このケースでは相続人で話し合いを行い全員が合意の上で

祭祀の継承者を決めることも方法の一つです。




最後に、指名もなく、慣習も明らかでない場合はどうするのか?

家庭裁判所が登場します。家裁の判断に委ねることとなるのですね~


残された親族が、家庭裁判所に祭祀継承者決定のための調停を申し出て、

審判によって判断ということになります。



また、祭祀財産を承継すると相続財産が増えてしまうのではないかと、

心配をする方がいますが、祭祀財産は、相続とは別物として位置づけられているので、

相続税に影響が出ることもありません。



さらに付け足せば、相続破棄をした人でも祭祀財産を承継し、

祭祀継承者になることもできますし、

承継後に祭祀財産をどのように扱うかは祭祀継承者の自由だとされていますから、

祭祀財産を処分することも可能なんです。



ご先祖さまに激怒される覚悟が必要かもしれませんけどね~。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 















  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00Comments(0)遺言・相続

2017年08月30日

空家を相続してしまった!売ったら税金はどうなるの?

空家問題が取り沙汰されているなか、

相続したはいいけど、ず~と空家のまま。

この家を売却した場合、税金の優遇はあるのでしょうか???








相続によって生じた古い空き家及びその敷地について、

相続開始時から3年以内に取り壊しや耐震リフォームをして売却した場合には、

譲渡所得から3000万円を特別控除することができます。



そうは言っても、いろいろ条件があります。

・ 相続の開始直前に被相続人以外に居住していた者がいないこと。

・ 昭和56年5月31日以前に建築された家屋であること(マンション等は除く)。

・ 平成28年4月1日から平成31年12月31日の間に譲渡をしていること。



ご注意いただきたい点は・・・

譲渡価額が1億円をこえる場合や相続開始日から3年を経過する日の年の

12月31日以降の譲渡は対象外です。



なかなか難しいね~~~



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 












  


Posted by ツナギスト 木下喜文 at 19:05Comments(0)遺言・相続

2017年08月22日

遺言書作成 のチェックは8つ


遺言書は、誰に何を相続させるかを書くのですが、

ただ、それだけでは片手落ちです。



少し気を遣った遺言書を作成しておけば大丈夫です。

そのチェックポイントが8つあります。







1.まず、自筆証書遺言は「本当に本人が書き残したものなのか」と

 疑われることがあります。信憑性を高める“証拠”を付けましょう。


2.相続させるつもりの相手が自分よりも先に死亡した場合(逆縁)、

 誰にどれだけ遺産を残すかを考えておきましょう。


3.遺言内容を実行する手続き(遺言の執行)は、誰に任せるのか?

 あらかじめ遺言執行者を決めて、遺言で指定しておきましょう。


4.付言事項をオススメしていますが、特定の家族への不平不満など

 遺言を見た人の感情を逆なでするようなことは書かないようにしましょう。


5.相続人の遺留分を侵害している遺言内容の場合、

 遺留分減殺請求の対象から外したい財産があれば、

 遺言書に明記しておきましょう。


6.自分が死亡するまで遺言書を安全に保管し、死後速やかに遺言の執行を

 行ってくれる人に、遺言書を託しておきましょう。


7.遺言作成時から財産や人(推定相続人)の状況が変化したり、

 自分の気持ちが変わったりしたら、遺言書を新たに書き直しましょう。


8.自筆証書遺言を作成した後、「内容はこれでいい」「変化も起きそうにない」

 と思えたら、公正証書遺言に作成しなおしましょう。






漏れのない遺言書の注意点はこんなところでしょうか。

遺言書を書く時に、意識してみてくださいね。



遺言相続についてのサイト>>>




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さまへ】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・運送業・古物商) 
◆法人設立(一般社団法人・NPO法人・株式会社・合同会社・有限責任事業組合)
◆融資

【個人の皆さまへ】
◆遺言書作成◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚 ◆交通事故 ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービスは助かる!】
信頼のおける税理士・司法書士・社労士・診断士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


◆お問合せもお気軽に◆
☎:06-7165-6318/✉:info@pro-gyosei.com
大阪市淀川区東三国3-9-21-601
行政書士木下喜文事務所 






  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)遺言・相続

2017年08月13日

お盆で帰省したら家族で遺言や相続の話を


お盆には、お墓参りなどで離れて住んでいる家族が帰省したりして

実家に集まりますよね。

おじいちゃん、おばあちゃんは孫の顔が見れるので嬉しいものです。








家族が集まるそのとき、普段はなかなか話ができなかった

将来の相続のことお墓のことなどが話される可能性が高いのです。



お盆ということで、「死」とか「先祖」とかからの連想から「相続」の話が

しやすいと思います。







最近は、テレビ番組などでも「相続税」の話題や「遺産相続争い」のケースなどが

分かりやすく再現ビデオやクイズ形式で放映されることが多いので、

以前より、家族で相続の話をするってことにも抵抗が少なくなっているのでは

ないでしょうか?


「そうそう、このあいだ、テレビで相続の番組を見たんだけどね・・・・」みたいに

切り出しやすくないですか。








というわけで、お盆休みは相続、遺言について家族で話合う良い機会です。

「縁起でもない」とか「まだ早い」とかってことはありません。



認知も出ていない・・・?元気な今のうちにいろいろ話し合ってみて下さい。




一言付け加えておきますね。

「遺言書を書いて後悔した人は、過去一人もいません。」





遺言・相続サイト>>>



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・>古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村








  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)遺言・相続