2017年08月07日

アマゾンのドローン配達は実現するのか?

Amazonは、ドローンを使って注文から30分で商品を届ける

新サービス「Amazon Prime Air」の計画を2013年に発表しましたが、

これにはアメリカ連邦航空局(FAA)の厳しい航空規制が立ちはだっていました。







しかし、その後、ドローンのテスト飛行の許可をFAAから取得し、

ドローンの操作テストやトレーニングを行うことが可能になっています。



さらに、Amazonは密集した都市向けの配達センター

「Multi-Level Fulfillment Center」に関する特許も出願中です。



従来のフルフィルメントセンターが平面的に広がっていたのに対して、

タワーマンションのように垂直方向に伸ばすことで用地の面積を削減しています。

そして、配達にはドローンを使うのが前提で、巣箱から飛び立つ鳥たちのように、

商品を携えたドローンたちが顧客の下に飛び立っていくというわけです。






ドローンのバッテリー切れなどの帰還が難しいケースについても

街灯の上部にペリポートのような不時着案も特許申請しているようです。




そして、ついにアメリカのAmazonがいわゆる操縦士関係の募集を開始したのであります。

Amazon Prime Airの「Flight Operations Engineer」と「Flight Safety Manager」

という業種です。



Flight Operations Engineerの業務内容はUAS(無人飛行システム)のフライト計画

およびテストへの参加が主で、

応募資格は「5年以上のフライトテスト+3年以上のフライトテスト補助の経験・

航空宇宙工学部および関連学部の大学卒業者・高いコミュニケーションスキルを

有した人」となっています。




アメリカやイギリスでテストが成功を収めれば、

日本でもドローンによる配達のテストが開始される可能性もありますが、

航空規制の問題もあるので、いつになるかは全く予想できない状況ですけどね。


しかし、まるで、SFの世界がそこまで来ているって感じです。




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・>古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)ブログ

2017年08月05日

空家問題から解体工事などを考えると・・・悩む~

まず、実家を相続したとしてももうそこには住まないかもしれない。

実家だけじゃなくて、田舎だったりすると子どもの知らない場所に

今は人が住んでいないけど、なぜか土地建物があったり・・・



換金しても良さそうな物件なら、登記もするでしょうが、今は登記義務はない。

そして、さらに相続が続くと・・・共有状態の不動産が山のようになって

今や全国のそんな土地を合計すると九州くらいの広さになるとか

(九州の人は気を悪くしないでね)



DIYが流行っているから、自分でそんな家は解体しちゃえ!


ところが、アスベスト含有の可能性のある解体工事には許可が必要だったり、

建設リサイクル法「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律」があって、

取り壊す建物の床面積80㎡以上だったりすると、届出書・分別解体計画表・

付近見取り図・建築物の写真・工程表などを提出ししなくちゃいけない・・・・



解体したあとの廃棄物はどう処分したらいいんじゃ~?

不法投棄なんてもってのほか!

取り壊した後、建物滅失登記もしないと。。。あ~~~困った。









じゃあ、業者に頼むかってなった場合。

費用はどのくらい掛かるのかってところから悩んだり、

無くなるものにお金を使うって気が進まない。

そのお金は、親が準備しておいてよ~みたいな揉め事が起こったりして。

(生命保険金がここで活きたりして・・余談ですが)



解体工事業の話になると・・・

建設業法の建設工事の「とび・土工・コンクリート工事」の許可を持っていれば、

解体工事を行うことができたけど、2016年6月の建設業法改正の施行で、

「解体工事業許可」が独立したものとして追加され、取得をしなければ

いけなくなっちゃった。


*土木一式工事、建築一式工事の許可を取得している場合は、

解体工事も含まれるため追加取得は不要です。



「とび・土工・コンクリート工事」の許可で、解体工事業を営業している業者さんは、

「解体工事業許可」の業種の追加が必要になって、今は経過措置で解体業ができるけど、

3年間の経過措置なので、3年の間に「解体工事業許可」の業種の追加をしなくちゃ

いけません。



さあ、どうしますか?

相続から始まった話が、建設業の話まで広がってしまいました。チャンチャン


でも、そんな問題整理もプロ(行政書士&FP)に任せたら楽かもね、なんて思ったりして笑




↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・>古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村





  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00Comments(0)ブログ

2017年08月02日

プロのセミナー講師とは?


ボクもセミナーを開催していますが、

勉強のためによそのセミナーに参加することがあります。



時間通りピッタリ終了するセミナーだと「プロだな」と納得します。

伝えたい事がたくさんあるからといって、時間をオーバーするのは

プロのやることではないと思っています。



時間内にきっちり伝えること。

これをお客さんと約束しているわけです。




「セミナーの開催時間はお客さんとの「約束」」

「お客さんの大切な時間を数時間預けてもらった」


プロとしてセミナーをするなら この意識は大切です。



⇒ ★8月「間違いだらけの遺言・相続セミナー」



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・>古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村






  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 05:00Comments(0)ブログ

2017年07月31日

行政書士の当たりハズレ?


先日、ある交流会で知り合った建設業の社長が言ってました。


建設業許可をある行政書士に依頼したまでは良かったが・・・

レスポンスが悪くて、できないと言ったり、やっぱりできますって言ったり・・と

時間はかかったが、なんとか許可は取れたのですが、

その行政書士に不満を漏らされていました。



確かに行政書士の業務は広いので、専門分野が違ったのかもしれませんが

許認可のやり方は基本的にはよく似ています。



レスポンスが悪かったり、途中経過や状況報告などがないと、

クライアントも不安になるはずです。



専門職である前に、受任が商売・営業だという意識が低い行政書士もいることは

確かです。



あたらめて気を引き締めようと思ったお話でした。

ありがとうございました。



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・>古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村






  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 19:06Comments(0)ブログ

2017年07月17日

連休・・・あらためて自己紹介?


世間は、3連休なんですが・・・

個人事業主、起業家には曜日や連休は関係ないですね!


「土日はしっかり休んで、また平日に備える」

という一般大衆とは残念ながら違います。


仕事とプライベートの境がわからないくらい仕事に熱中?しています笑。


世間の休みには、外へ出なくていいので、サイトのメンテナンスや

デスクワーク、今後の仕込みができるわけです。




今日は、あらためて、自己紹介をしたりして・・・


❏保有資格

行政書士

宅地建物取引士

ファイナンシャルプランニング技能士

企業年金総合プランナー(DCプランナー)

証券外務員

幅広く柔軟な対応ができるよう、日々勉強しております笑~



❏ザクッとフロフィール


・愛知県豊川市生まれ、県立国府高校卒業(3年の夏、野球部が甲子園出場しました)

・学習院大学法学部卒業(皇太子とご学友ではありません)

・バブリーなデパート外商マンでしたが、仕事をやりすぎて最年少営業部長に

・石川県金沢へ転勤後、地縁なしを逆手に損保代理店独立開業

・毎週飲み会敢行の資格スクール黒字化請負校長と呼ばれる~笑

・そして、日々感謝!皆さんのお役に立ちたい気さくな行政書士事務所を開業



❏趣味その他

・映画館でいい作品を觀て感動して泣くこと

・コルトレーンが好きなジャズファン

・いまや趣味以下の剣道三段

⇒こんなブログもやってます「強く正しく美しく 剣道上達革命」

・家には元気な妻が1人



これからも宜しくお願いします!


↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



◆行政書士木下喜文事務所◆
 → http://office.pro-gyosei.com

【事業主の皆さま】
◆許認可申請(建設業・産廃業・宅建業・飲食業・古物商) 
◆法人設立(株式会社・一般社団法人・NPO法人・合同会社・有限責任事業組合)
◆補助金等申請 

【個人の皆さま】
◆開業サポート  
◆遺言書(公正証書遺言) ◆相続(遺産分割協議書・家族信託)
◆離婚(離婚協議書・公正証書) ◆農地転用 


【ワンストップ士業サービス】
信頼のおける税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士との提携で、
皆さまのご面倒をお引き受けします。


土日祝日・夜間も対応! メール24時間受付中!
◆お問合せはお気軽に◆
行政書士木下喜文事務所 行政書士 木下喜文
〒532-0002 大阪市淀川区東三国3-9-21-601
TEL:06-7165-6318/FAX:06-7635-8398
Mail/ info@pro-gyosei.com



↓ ポチッと応援お願いします~ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村







  

Posted by ツナギスト 木下喜文 at 06:00Comments(0)ブログ